セックス好きな彼女って魅力的ですが、性癖によっては逆につらいですよね?私の元カノはかなりセックスが好きで、会う度にやらせてくれるのは良かったのですが…その性癖もあって、気持ちいい以上につらかったのです。

その元カノは『ものすごく焦らすのが好き』だったのですね。セックスにおいて焦らしは重要なテクニックですが、何事もやりすぎはいけません。とくに男は『ギリギリで射精できない状況』を続けられると、ペニスにダメージがあるのです。

そんな事情を無視して、元カノは私を焦らしまくっていました。射精しそうになったら手や腰を止め、私のつらそうな様子を見ては楽しそうにしています。Sっ気があるのは知っていましたが、まさかセックスのときに発揮されるとは思わず、「これってセックスっていうよりも、拷問だよな…」と考えていました。

そんな彼女と別れることができて、今となってはホッとしています。セックスをする以上は気持ちよかったのですが、元カノとしたあとはいつもペニスが痛んでいたので、「次にセックスするとしたら、我慢せずにすぐさせてくれる人がいいな…」と考えました。

だから、私は出会い系で『すぐにセックスさせてくれる人妻』を探したのです。別に人妻でなくともOKですが、私が使っていた出会い系は年上女性が多く、人妻もたくさんいたので「どうせなら、人妻とやってみるか…」と考えました。

ちなみにその相手は、簡単に見つかりました。出会い系を使う女性はみんな飢えているのか、男から声をかけるとかなり乗り気になってくれます。相手からの声かけを待つと時間もかかりますが、自分から動けばいくらでもセックスはできるでしょう。

私が見つけた女性は39歳の既婚女性で、ちょっと年齢は高めでしたが、写メを見る限りはまだまだ綺麗で全然問題ありませんでした。また、この女性は本当に欲求不満だったらしく、「会ったらすぐにしたいな」と言ってくれたのです。

さすがに欲求不満なら焦らさないだろう…そう考えて会ってみたら、その通りでした。ちょっと弄ってあげるとアソコをたっぷりと濡らし、自分から「もう入れていいよ…」と誘ってきました。こんなにすぐに挿入できるなんて、元カノ相手だと不可能でしたからね…。

すぐに挿入できるセックスは気持ちいいし、ペニスが痛くなることもありません。おかげで私は久々に快適なセックスができまして、相手のことが気に入りました。

多少の我慢は必要かもしれませんが、過剰に焦らしてくる女性には気をつけたいですね。