わたしは熟女は好きですが、熟れすぎたのはちょっと・・・
ですから、出会い系で不倫する人妻も、若いときの体形を維持している熟女ばかりを選んでいますよ。
偉そうなことを言っているわたしも体形の維持には余念がないんですよ。
むしろ、学生時代よりも引き締まった体をしているくらいですね。
とうぜん、出会い系の人妻たちからの評判もいいんですよ(笑)。

・ダンナと二人きりの生活は息苦しくて不倫で息抜き

彼女は、子どもがいないから、ダンナと二人きりの生活だそうです。
毎日息苦しくて不倫しないとやってられないらしいんですね。
それでわざわざ出会い系で不倫をしていたということです。
わたしとしては、そんな人妻に会いたくてやっていることだから、人の不幸がわたしの幸せにつながっています(笑)。

彼女はダンナとうまくいっていないので、当然のように夜の営みもありません。
なので体がうずいてしょうがないんでしょう。
体は臨戦態勢なのになんてもったいない話だと思いました。
すぐに、ぜひ会いましょうよと彼女に持ちかけました。
幸い、彼女も乗り気になってくれました。

・余計な肉がついていない

彼女は38歳です。
年齢なりに胸には肉がついていますが、体のほかの部分には肉がついていませんでした。
その印象は服を着ていた状態でのものですから、服を脱いだら違うかもしれないとは思いましたね。
でも、服を脱いだら実は太っていた、ということはないでしょう。
胸は萎む可能性はありましたが(笑)。
とにかく、予想以上に素敵な熟女でした。
いや、熟女というのは失礼かもしれませんね。
38歳はまだまだ全然若いですね。

・脱いでもすごかった

わたしの心配をよそに、体のうずきをなんとかしたかった彼女に促されるようにホテルに行きました。
部屋に入り、服を脱いでも彼女の体に余計な肉はついていませんでしたよ。
胸もパッドで盛ったわけではありませんでした。
天然物のふくらみでした。
子どもは産んでいないおかげで、体形が崩れなかったんでしょうね。

彼女もいつも大きな胸ばかり責められているだろうから、わたしはクンニのほうを頑張りました。
わたしが舐めるごとに身をよじらせて感じてくれたから、頑張る甲斐があって、舌が筋肉痛になるくらいにペロペロ舐めさせてもらいましたよ。
エッチの後のピロートークでは、舌がうまく回りませんでした。
よかったね、の「ね」がうまく言えなくて、よかった「れ」になってしまいましたよ。
ちゃんと胸のほうもじっくり揉ませてもらいましたよ。