女性を感じさせる上でおすすめなのが、『クリへの刺激』ですね。クリとはクリトリスのことで、女性のアソコにあるぽっちのことです。ペニスがない女性にとっては陰茎にも見えそうな部分でして、実はとても敏感な部位です。

敏感なので力加減が難しいですが、ここを上手く弄ることで女性は凄まじい快楽を感じ、挿入せずとも絶頂させられます。というか、挿入の刺激は実はそこまで強くないため、クリを弄るほうがいけるという人も多いでしょう。

しかし男性は入れることしか頭にないせいか、このクリを刺激しない人も多いです。もしくは「ここは敏感って聞いたし、あまり触らないほうがいいのかも…」と勘違いすることもあって、女性は「もっと弄って欲しい…」と考えることもしばしばですね。

なお、クリを弄られていない女性ほどクリへの愛撫に慣れておらず、結果としてかなりいきやすくなっています。私が出会い系を使ったときには『旦那にクリを弄られていない人妻』を見つけ、この女性のクリをたっぷりと刺激したところ、もう私とのセックスが欠かせなくなりました。

この人妻はD(仮名)と言いまして、実は結婚前から出会い系に興味があったらしく、旦那とのセックスで満足できないのがきっかけで使い始めたのです。そして偶然出会った私と仲良くなり、デートをしたのですが…。

デート中も欲求不満なのか、平気でエッチな話題を振ってきます。女性の多くはTPOをわきまえない下ネタを嫌うのですが、欲求不満だと本人も自制できないのか、エッチな話題を好むかどうかでムラムラしているかどうかを判断できるでしょう。

だから人妻であるDも、ラブホに誘ったらあっさりと応じてくれました。というかそういうつもりがないと出会い系は使わないだろうし、私もセックスできると思ったから会ったんですけどね。

そんなDへ愛撫を開始し、クンニの際にクリを舐めたのですが…体をびくりと震わせて「そ、そこは全然触られてなくて、敏感なの…」と言ったのです。私からすると「女性とするのにクリを弄らないなんてもったいない!」って感じで、相手の制止も無視して弄りました。

舐めるだけでなくキスしたり唇で甘噛みしたりしていたら、Dは挿入せずとも潮を吹き、私の顔をべちゃべちゃにしたのです。クリへの愛撫に慣れていないDはしばらく呆然としており、挿入はちょっと待ってあげました。

挿入中もクリを弄ると締まりまくるし、Dはこの日何度いったか覚えていないみたいです。だから旦那とは違ってセックスが上手い私に、今もなおセックスを求めてきますよ。