わたしは、どうせ不倫するならバストが大きい人妻がいいなと常々考えています。
考えるのは簡単ですが、バストが大きい人妻に出会うのは難しいですね。
掲示板では大きさに自信があるよと書いている女性でも、会ってみると、その大きさでそれだけ自信を持てるなら人生楽しいだろうなという女性も多いんです。
わたしが求めるのはインパクトのある大きさで、一目で大きくて、重そうだと分かるバストなんですね。
要求のハードルを下げたらいい話とは分かっていますが、あきらめたらそこで試合終了ですから。
わたしはあきらめませんよ。

・バストが大きい女性が好きだが女性には内緒

そんなこんなで、わたしはバストが大きい人妻との出会いを求め続けていますが、反対にお前はどうなんだということになると、男は大きさじゃありませんよと。
事前に女性に対して、女性はバストが大きくないと一人前とは言えないね、みたいなことを言わなければ、わたしのおチンチンの大きさを非難されることはありません。
人並みの大きさはあると思っていますから、パンツを下ろした瞬間に女性の態度が変わるような体験はありませんよ。
それはわたしも同じで、女性のバストが大きいときには喜んで見せますが、小さくてもがっかりした顔はしません。
ヨメの前でもポーカーフェイスで不倫を隠していますから、バストの大きさくらいで表情を変えることはないんですよ。

・服装でバストの大きさを予感させる人妻がやってきた

バストの大きな女性と会ったときの話です。
出会い系で知り合った人妻は、ゆったりしたシャツを着ていたので、ピンときましたね。
これはゼッタイにバストが大きいぞと。
バストが大きいと太って見られることが多いから、太って見えるのが嫌だから大きめのシャツを着て体のラインをごまかしているに違いないと思いました。
反対にバストが大きくない女性がゆったりしたシャツを着ることはありません。
着ているとしても、バストの部分がストンと落ちるからゆったり感が出ませんからね。

・重そうなバストは見た目どおりに重かった

彼女の場合は、ブラが重みを支え切れていない感じがしました。
重そう、というか重かったんです。
いまはまったく触らせないらしいが、かつてはこのバストを好きにできた男がいたということです。
その男というのは、彼女の夫のことです。
誰に触られることなく垂れていくのはもったいないですから、わたしがいまのうちにせいぜい重みを感じさせてもらいました。
これがあるから止められないんですよ。