わたしは涙袋が目を引く人妻と出会ってきましたよ。
その人妻は、掲示板での出会いは初めてのことだからいろいろ教えてほしいと言っていました。
当然のことながら、いくらでもなんでも教えてあげるつもりですよ。
だから連絡先を交換して頻繁に連絡を取り合っていますよ。
ほかに予定が入らなければ、来週にも会う予定なんですよ。

彼女と最初に会った時のことなんですが、待ち合わせ場所には彼女が先に到着して待っていました。
急いで座っている彼女の近くまで行って、声を掛けると上目遣いで見上げてきました。
見上げた顔には、涙袋が特徴的でした。
それが彼女の顔全体を引き立てていましたよ。
その目で見つめられると腰が砕けそうな感覚になりました。
射すくめられるというかね。
視線を外せなくなりましたよ。
彼女の横にもう一人座るスペースがあったので、そこに腰を下ろして、近くから彼女の目をよくのぞき込みました。

予想をはるかに超える人妻との出会いに、顔が緩むのを防げませんでしたよ。
口元がだらしなく緩んでいたと思います。
だから、考えてみると、よくそんなマヌケな顔した男とラブホテルに行ってくれたなと感謝してます。

彼女は、今日が出会い系で初めて知らない男性に会うから、どうしたらいいか分からない、と話してくれました。
だから、普通はみんなは、最初からホテルに行くものだと教えてあげました。
彼女はちょっと驚いた顔をして、そうなんですか?と口元を押さえていたが、そうですよ、と悪魔的な笑顔で彼女に頷きました。

それでおとなしくホテルまで付いてきたんですから、初めてと言いながら、実は違うんではないかという気もします。
ウソをつく必要はありませんので出会い系は初めてかもしれませんが、だからといってエッチの初心者ではありませんよね。

ベッドの上では彼女のほうがわたしにまたがって腰を振りましたよ。
コンドームを付けていても心配になるほど彼女が激しく動いていました。
わたしの胸に手を置いてからの、彼女の激しい動きにコンドームの中にたっぷり白い液体を出してしまいましたよ。
彼女が満足するまで我慢できていれば良いのだがと思います。

思うんですが、彼女は掲示板の初心者であっても、ほかの方法でいくらでもエッチをしてそうな感じでした。
いろいろ聞いてくれなんてエラソーなことを言ってしまったんですが、反対に彼女から学ぶことがたくさんありそうだと思います。
さっそく来週からレッスンしてもらいたいですね。