ボクは、人妻出会い掲示板ではおっぱいの大きな女性とエッチすることが多いですね。
嫁さんがまな板だから、大きなおっぱいの人妻とのエッチに飢えているんですよ。
いちおうボクにも理性はありますから、不倫はいけないことだと分かってはいるんですけど、出会い掲示板を止められないんですね。
あのやわらかい感触の誘惑には勝てませんね。

・待ち合わせ場所でベンチに座っていると

人妻出会い掲示板で知り合った女性とデートの約束をしたんですね。
当日は、家族に適当な言い訳をして、約束の時間よりも早く家を出ました。
約束の場所に早く到着したので、待ち合わせ場所にあったベンチで座って待っていました。
しばらく座っていると、背のあまり高くない女性が近づいてきました。
「こんにちは」
「あ、美穂さんですか?」
彼女にはあらかじめ、その日のボクの服装を伝えていたので、すぐにボクのことが分かったようなんですね。
まわりに一人で座っている男がボクだけだったのもあるでしょうけどね。
人目に付かない場所を選んだつもりでしたが、そこは目立つ場所だったかもしれません。

・不倫をしているが夫婦仲は良好

人妻出会い掲示板で不倫をしていてこんなことをいうのは今さら感にあふれていると思いますが、嫁さんのことはまな板ということ以外に不満はないんです。
表面的には夫婦仲は良好なんですよ。
仮にボクが何か事件を起こして近所の人に評判を聞かれたとしても、「中のよさそうなご家族でしたよ」と口をそろえて答えることでしょう。
そのくらいボクの家族は普通に過ごしているんです。
実はボクが不倫をしているという一点を除いて。

・コンドームは必需品

ボクは、不倫のエッチではいつも必ずコンドームを着用するんです。
避妊と性病の予防のためですよ。
不倫相手を妊娠させたらダメなのは当たり前ですよね。
性病も不倫ばれのリスクなんです。
どんなに言い訳したって性病は不倫以外に感染源が考えられないじゃないですか。
夫婦仲は良好と書きましたが、夜の夫婦生活もそれなりにこなしているんですね。
ボクの股に異変があるとすぐに気づかれてしまうんですよ。
なので、年には念を入れて、常にゴムをかぶせています。

そして、おっぱいの大きな美穂さんとのエッチでもコンドームを着用しました。
彼女は特技を持っていて、口でコンドームをかぶせてくれたんですね。
そのまま少しコンドーム越しのフェラをしてくれました。
……うん、まぁ。
それ以外では、大きなおっぱいをモミモミできたしボクは満足でした。
彼女はもっとボクとエッチしたいみたいで、次のデートをいつにするかを現在調整中ですよ。