これまで私は「ピルよりもコンドームのほうが避妊しやすいよね?」と思っていたのですが、それは間違いだったようです。人妻出会い系で知り合った女性曰く、「使い方さえ間違えないなら、ピルのほうが安全だよ?」とのことで、ちょっとだけびっくりしました。

人妻出会い系なんてサイトを使っていたように、私は『セフレになってくれる既婚女性』を探していました。これまでそれなりの人数を抱いてきましたが、既婚女性とは一度もしたことがなかったので、このサイトを見つけたときは「よし、1回遊んでみるか!」と使い始めたのです。

その判断は、間違いではありませんでした。私は人妻出会い系を使うことで『生でセックスをさせてくれるセフレ』をゲットできまして、初めての中出しを経験できたのです。その相手こそがピルで避妊していた女性で、名前をA(仮名)といいました。

Aは32歳で子供が2人おり、これ以上産まないと決めて、今はピルで避妊をしていたのです。それを聞いた私は最初にも書いた疑問をぶつけ、Aはピルのほうが安全だと教えてくれました。なお、ピルでの避妊は夫も歓迎したようです。

「ピルでの避妊に切り替えたら、旦那は必ず中出ししてくるんだよね」と話していました。そう、これこそがピルのメリットでして、男性は「これでいくら中出ししても妊娠しないぞ!」と考えるため、ゴムという野暮ったい避妊具を着けなくなるのだとか…。

こんな話を聞いたら、「自分もこの人に中出ししたい!」と思いますよね?なお、Aはこうした誘いが来ることも予想していたのか、「夫もそうだけど、男の人って本当に生が好きだよね」と言いつつも、私とするときも生セックスをOKしてくれました。

生でやれると思ったらさらに楽しみになりまして、どうせなら濃いのを出したいと思い、会うまでの1週間はしっかりとためておきました。中出しできることを想像する度に勃起しましたが、最高の中出しのためにひたすら耐えたのです。

当日はAとすぐにラブホテルに向かいまして、部屋に入るなり求めました。Aは「がっつきすぎ!そんなに出したかったの?」と苦笑しながらもすぐに相手をしてくれて、憧れの生挿入をしたのです。

生の感触は本当に気持ちよくて、「ごめん、1回目はすぐに出るかも…」と伝え、言葉通り数回のピストンで限界でした。ドクン、とペニスが脈動し、こってりとした精液がAの中に流れ込んだのです。

引き抜くとどろりとした塊が出てきて、Aは「すごい、夫でもこんなに濃いのは出さないよ?」と笑っていました。