男で独り身だと、休日って暇な場合が多いですよね?彼女持ちの人は「休みの日は彼女をデートに連れて行かないといけないから面倒…」なんて話すものの、暇よりはマシでしょう。現に、デートの相手がいない私はかなり退屈していたのです。

そんな私でしたが、最近の休日は女性とデートすることが多く、ちょっとしたリア充気分です。その相手とはセックスもしていますし、性欲の解消もできているから、今は休日が訪れるのがいつも楽しみでした。

そのデート相手は彼女ではなくて、『人妻出会い系で見つけた女性』です。いわゆるセフレってやつでして、私も彼女より先にセフレをゲットできるとは思っていませんでした。ただ、セフレを見つけてからは楽しい日々を過ごしており、満足しております。

人妻出会い系ということで相手は既婚であり、名前はマイ(仮名)という32歳です。マイも昔は夫とデートをしていたのですが、その夫が年齢を重ねるごとに出不精になってしまい、今ではセックスすら渋るようになっていました。

そんな毎日ではマイも満たされることはなく、ついには人妻出会い系を使い始めたのです。マイの夫は普通に土日が休みだから、私みたいに『平日にお休みがある男性』を探していたようで、最初からマイのお好みに合致していたのですね。

平日ならいつでも会えるマイとは次の木曜に会う約束をして、その日まではオナニーを我慢しました。マイはセックスしたいとサイトで言ってきたわけではありませんが、こういうサイトでやり取りするならセックスするのが普通ですし、その辺はお互い分かっています。

マイと落ち合ったら、まずはカレー屋でお昼を食べました。マイは細いスタイルのわりにはしっかりと食べる女性で、話し始めた当初は野菜中心のお店を要求するかと思ったら、意外とガッツリ系を希望してきたのです。私としても、そっちのほうがいいですけどね。

マイも私もキレイにカレーを平らげたら、そのまま公園やショッピングモールを散歩し、お腹が落ち着いたくらいにホテルへと行きました。ホテルに到着するまでは「今日は本当に楽しかった!独身の頃を思い出すなぁ…」と喜んでまして、手を握ってくれたのです。

ホテルではしっかりと体を洗ってから、マイと絡み合いました。マイはバックが好きなので後ろから突いていると先に絶頂し、私も心置きなく出すことができました。マイみたいにいきやすい女性は、セフレにもってこいですね。

マイとはそれからも遊んでいますが、会うタイミングが平日ということもあり、夫にはバレていないようです。