小学生の頃は体が小さくていじめられっ子だった私は、中学生になると同時に柔道部に入り、最初は散々しごかれました。しかし、そのおかげで体はガチムチと呼べるほどに成長しまして、中学卒業目前にはいじめっ子も寄りつかなくなりましたね。 高校生のときもそれがうれしかったから、そのまま柔道を続けました。こうしたひたむきさが功を奏したのか、高校のときは県大会で結構な成績を残すことができまして、いい思い出になったのです。さすがにスポーツ選手を目指すほどではありませんが、柔道を続けたことに後悔はありません。 高校を卒業したら地元の工場に正社員で就職し、そのまま働き続けて今は26歳となりました。ほとんどの人が予想していると思いますが、私はこの年齢になるまでまったく女の子と縁がなくて、童貞だったのですね。いじめっ子はまず寄りつかなくなったものの、その代わりに女の子にも怖がられ、全然モテませんでした…。 体格の良さもあってたまにゲイに間違われる私ですが、実際は女性が大好きですし、セックスをしてみたいと感じるほどには性欲も強いです。しかし、会社にも男性社員ばかりですし、地元もやや田舎だから、チャンスがありませんでした。 そんな私も、『出会い系にいた人妻』のおかげで、無事に童貞卒業ができたのです。相手は結婚しているから1回だけの約束でやらせてもらったのですが、すごく気持ちいいし、最高のセックスができたと思います。 出会い系を使っていた私は「彼女を作って、いつかはセックスもしよう!」と考えていましたが、近場にはなかなか同年代で独身の子がいません。私が使っていたときは年上の既婚女性が多く、話しかけてくる女性も人妻ばかりでした。 そのうちの1人がちょっとエッチな人でして、私が女性に縁がなかったと話してみたら、「もしかして、童貞だったりする?」と聞いてきたのです。隠してもしょうがないからそれをカミングアウトすると、「わぁ、真面目だったんだね!もし良かったら、私が初めての相手になろうか?」と言ってきました。 出会い系の人妻とセックスできるなんて完全に予想外でしたが、その一言で私の性欲にも火がつきまして、すぐにお願いしたのです。相手は結婚しているので土日は会えないものの、仕事終わりなら少し時間が取れるということで、私もその時間でOKしました。 モテない私にもセックスさせてくれるこの優しい女性はとても慣れており、普段は夫にしてあげているような甲斐甲斐しい愛撫をしてくれて、挿入のときも自分から上になってくれたのです。こんな至れり尽くせりのセックスで童貞を捨てられて、本当に幸せでした。