僕の秘密をお教えしましょう。
情けない話、僕の嫁の見た目がいまいち冴えないので、美人の人妻との出会いを嵩ねているのです。
日頃は、嫁と一緒ですから、義務を果たしているのですが、嫁の性欲は人並み以上だから、夜のお勤めが苦痛で苦痛で。
だから、出会い系で人妻とセックスするのが唯一の癒しなのですよね。
ここなら、この僕の悩みを理解してくれると思います。

美人といっても、美人で検索しても見つかることはありませんね。
ほら、自分のことを美人と呼ぶ女性は実際に会ってみると、ね?
そこは会ってからのお楽しみということで、掲示板では見た目は気にしていません。
それよりも、話が通じるかどうかを重視しますね。
会ってみてからは美人とだけ、あとの関係を続ければいいのです。
でも、セックスは美人じゃなくてもしてますよ。
ただ二度と会わないだけのことです。

いつもどおり見た目を気にせず選んだ女性と会うことになって、待ち合わせ場所で出会った彼女を見ると、ショートカットにしていた時の長澤まさみに似ていると思いました。
やったと思いましたね。
そのことを伝えると、彼女は謙遜しましたが、若い時の長澤まさみに確かに似ていると思いますよ。
ですが、自分から長澤まさみに似ていると言い出す女とは会いたいとは思わなかったはずですね。

なにはともあれ、溌溂とした印象がテレビで見る彼女にそっくりでした。
そうそう、こういう美人の人妻とのセックスがしたいんだよということです。
背も高くてバストも大きい。
もう完璧でしたね。
嫁とは正反対の見た目で、年齢も36歳と若いのも良かったですね。

彼女とのセックスでは、顔とバストがよく見たくて正常位でしました。
大きなバストを掴んで腰を振るのは至福の時間でしたね。
彼女が喘いだり、唇を噛んで我慢している顔を見るのも最高でした。
嫁とするときはバックからが多いのですから、今日は思う存分、いつもできないことを堪能するつもりでした。
できなかったのは中出しくらいですね。
嫁とセックスするときは中出しできるのだけがメリットです。
しかし、この日はちゃんとコンドームを着けたから、いつもより長持ちしました。
生にこだわるより、お楽しみの時間が少しでも長くなる方がいいと思いますよね。

出会い系で美人の人妻とばかり会える自分は運がいいのでしょうか、それとも日頃の行いがいいのでしょうか。
時間さえあれば、嫁で鍛えたスタミナで、いつでも美人をアクメに至らせますよ。