ワタシは最近、ビールが似合う顔をした人妻と出会いを繰り返しています。
彼女とのサシ飲みが楽しいんですよ。
残念なのは、彼女が人妻だから、時間の調整が難しいということでしょうか。
ワタシも早く帰らない日があってなかなか二人の時間がとれなくて欲求不満的な精神状態ですよ。
いつでも飲みたいときに会えるわけではないのがもどかしいですね。
会いたくもない嫁とは毎日会えるのは皮肉と言いましょうか。
そこは不倫だから諦めて受け入れるしかないと理性では理解しています。
そのもどかしさを楽しさに変えてこそ出会い系を楽しんでいると言えるんでしょうが、まだワタシはそこまで到達できません。
道はまだまだ遠いですよ。

二人で飲みに行ったときに、生ビールのジョッキを持っている姿を見て、ビールが似合う顔をしているなと思いました。
どんな顔かと聞かれても困りますけど、なんとなくビールが似合うんですよ。
カクテルやチューハイって顔ではないんですよね。

ビールのグラスが似合う彼女はむっちりした体形をしています。
でも、ビールの飲みすぎという体形ではありませんよ。
もしそうなら付き合っていません。
男なら喜びそうな程よい体形なんですよ。
その彼女を後ろから抱きしめるととても柔らかいですね。
ワタシの嫁がガリガリですから、出会い系で不倫するときはいつもむちっとした人妻にしているんですよ。

後ろから抱き着いてベッドに倒したら、そこから彼女にワタシのほうに体を向けてもらいます。
正面から二人で抱き合うと彼女の体に埋もれてしまいそうな感触を味わいます。
ガリガリの嫁相手だとこの感触は味わえません。
嫁を抱きしめると痛いから、バックからすることが多いんですね。
正面から腰を振っても何も揺れないんですよ。
その点、目の前の人妻は、ワタシが腰を振ると、色んなところが揺れます。
体の揺れを見ているだけで、えっちが捗りますね。

嫁のことは抱きたくありませんが、不倫を疑われるのも面倒ですし、嫁から求められたらえっちすることにしていますが、出会い系でむちっとした人妻とえっちを繰り返していますと、だんだん嫁で反応しなくなってきました。
不倫のときのことを思い出してなんとか立たせていますが、そのうちごまかせなくなるかもしれないのが心配の種です。
嫁に気づかれないように、頭と体を完全に分離する術を身につけないといけないでしょうね。
でも、ワタシとしては、嫁とのえっちそのものをしなくて済む方法のほうが重要ですけど、それはあきらめていますよ。