コンドームを常に持ち歩くのって、男にとってはエチケットみたいなものですよね?セックスというのはいつしたくなるか分からないのが現実ですので、仮に「今日はデートするだけだし」と考えていても、ついセックスしちゃうこともあるでしょう。

しかし、女性はコンドームを持っている男性を見ると「この人、そんなつもりだったんだ…」とドン引きすることが多く、とくに彼女や妻以外の女性に見られてしまえば、関係悪化は避けられないでしょう。私もそういうミスを犯しまして、最初は焦ったのですが…。

そのとき一緒にいた女性は出会い系で見つけた人妻でして、名前はA(仮名)とします。相手が相手だけあって「どうせセックスするつもりだったろ?」と言われそうですが、私は本当にそういうつもりはなくて、Aとも友達として付き合っていきたいと思っていたのです。

Aは出会い系で「最近この辺に引っ越してきたので、仲良くしてください」と書き込んでおり、私は親切心もあって話しかけました。決して人妻の体を貪りたいからではなくて、純粋に仲良くしたかったのです。

Aも私の親切心を察してくれたのか、すぐにフレンドリーな様子に変わりまして、とても仲良くなりました。Aは専業主婦で家事が得意だから、普段は時間が余ってしまうらしく、「いい暇つぶしとかないかな?」と聞いてきたのです。

それで私が「暇つぶしも兼ねて、この辺を案内しましょうか?」と申し出たところ、Aはとても喜んでくれました。Aの旦那は仕事で家に帰れない日も多いほど忙しく、この辺の散策もままならなかったようで、「ちょうど良かった!」と話していたのです。

初めて出会い系の外で会ったAは結構キレイで、上品な人妻という感じでした。それにドキドキしたものの、あくまでも私は友達として街を案内し、Aもそれを楽しんでいたのです。

しかし、ここで大きなミスを犯しました。公園で一休みしているとき、私が「あ、ちょっと飲み物を買ってきます」と財布を開いたら、いつも入れているコンドームを落としてしまいまして…Aは「あ、なにか落ちたよ」と拾ってくれたのですが、それがなんなのか分かると、私に「あの、これ…」と聞いてきたのです。

私は「いやいや、これはいつも入れているだけで!」と慌てて否定し、もうこの場から逃げたいと思っていたのですが…Aは「そうなんだ…もしもしたかったら、それはそれで良かったのに」と笑い、私は唖然としたのです…。

なお、この日はここまででしたが、後日Aから「次もアレを持ってきたら、使ってみない?」と遠回しに誘われてまして、私もその提案を受け入れています。