わたし、出会い系で不倫どころか再婚相手を探している人妻とエッチしてきました。
かといって、わたしのほうは出会い系の人妻とは不倫以上の関係になるつもりはありませんから、ほどほどのところで彼女からは手を引いたほうがいいかもしれないと考えてはいますね。
彼女から好かれていなければその心配はありませんけど、エッチできたということは彼女に気に入られた可能性があるということですよね。
大きなおっぱいは魅力なんですが、いつでも逃げ出せる準備をしておかないとと思っています。

・若くて魅力的な女性だけに悩む

しかし、彼女は若くて魅力的な女性なんですよ。
さっさとリリースするのはもったいないと思ってしまうんですよね。
25歳というから、主婦感は感じられませんでした。
独身でも通用すると思いますね。
というか、彼女の目的は不倫というより再婚相手を探すことらしいんですよ。
そのことをはっきり言われたということは、わたしも再婚の候補に入れていいということなんでしょうか。

よくしゃべる彼女の唇は、厚めだが小さい唇をしていました。
後でちゅぱちゅぱしましたけど、グロスがてかっておいしそうに見えました。
いやだから、おいしかったんですよ。

・お酒を飲みながら彼女からの質問攻めにあう

ある意味で、婚活が目的の彼女は、最終的にはホテルに行くにしても、その前の時間をしっかり確保したがりましたね。
出会い系の人妻としては、珍しいなと思いましたが、あとでその種明かしをされて少々驚きました。

彼女が行きたがったのは、個室のある居酒屋でした。
そこでグラスを傾けながら、わたしのこといろいろと知りたがりました。
でも、女性からプライベートなことを質問攻めにされるのは悪い気はしませんね。
こういう感じは久しぶりでした。
なんだかドキドキして楽しかったですよ。

・おっぱいの大きな彼女にバックから


彼女の口は小さくてもおっぱいは大き買ったんですよ。
ですが、わたしはとんでもない失敗をしてしまいました。
彼女のおっぱいが大きいのに、バックから挿入してしまったんですよ。

とはいえ、彼女がバックが好きだということでしたから、その意思を尊重した形になったんですね。
女性の要望を尊重するのは当然でしょうが、後ろからではせっかくのおっぱいが見えなかったんです。
後ろから手を伸ばして、おっぱいを鷲掴みしたから、感触としては充分に楽しめましたけどね。
別れ際に、また会いましょうね、と普段なら喜ぶべき言葉を掛けられましたが、彼女の目が怪しく光っていた気がします。