わたしが出会い系で人妻と不倫しているのはヨメには内緒です。
ってか、当たり前ですが。
そして、この前は久々に若い人妻に出会いましたよ。
年増ももちろんいいんですけど、若い女の子とエッチするのもいいもんですね。
こちらも若い精気をもらうようで、生活にハリが出てきた気がしますよ。
普段から元気がみなぎってきたようで、これならたまにはヨメともエッチができるかもしれないと思えるほどですよ。
なんだか最近、ヨメがわたしの浮気を疑っている気がするんですよ。
今ならヨメを黙らせるためのエッチもできそうです。
ってか、しないといけないかなと。

不倫相手は年下の女の子

出会い系でわたしが見つけた人妻は、28歳のまだまだ女の子と言って通用する年齢でしたよ。
彼女と連絡できてから、年下とエッチがしたい一心で、そのときやり取りしていたほかの相手とのやり取りの回数を減らしてまでこの女の子に集中しました。
できるだけ彼女の予定を尊重して、なんとかデートすることができましたね。
おかげで、家族の予定を一つキャンセルしなければいけなくなりました。
これがまずかったか。

ヨメにばれないように

彼女は大きな口で口角を上げて笑う笑顔がステキなんですよ。
出会い系では年上とばかり不倫していたから、年下の女の子との不倫は胸がときめいちゃいますね。
一緒にいるだけで気持ちが若くなる感じがしましたよ。
ですが、その変化がヨメに余計な疑いを抱かせたんでしょう。
オンとオフの切り替えをうまくやらないと面倒なことになりますね。
不倫を長く楽しむために、ヨメの前ではこれまでどおりの元気のないダンナを演じないといけませんな。

あいさつ代わりにごっくん

その日はようやく二人の予定を合わせる日でしたので、どうしてもその日のうちにエッチをする必要がありました。
ですから、彼女のほうもわたしに会う前からホテルに行くつもりでいたみたいです。

ホテルでは、大きな口でフェラしてごっくんしてくれましたよ。
年下の女の子がそこまでしてくれることにドキドキでしたね。
興奮しすぎて、この感覚は中学生時代に戻ったみたいでした。
射精してすぐなのにむくむくとムスコが元気を取り戻しましたよ。

フェラの後は彼女とつながって腰を振ると、彼女がアンアン大きな口を開けて喘いでいました。
その口に指を突っ込んだら舌で指を舐めてきましたね。
指がふやけてきたころにムスコが二度目の絶頂を迎えました。
三度目はさすがにできませんでしたが、若い彼女はまだ物足りない様子でした。
ですから、フェラのお返しに、彼女が行くまでクンニをしてあげましたよ。