熟女は妊娠の危険性を経験上把握しているから、安全日が本当に安全ですね。
おかげで人妻の粘膜に直接注ぎ込むことができます。
ワタシが出会い系で不倫するのは他人のものを自分のものにするという征服感を味わうためですから、中に出せるのは無上の喜びです。
なので、いつも熟女と不倫していますね。

若い女の「大丈夫」は信用できません。
ワタシが若いときに一度、大丈夫という言葉を信じて中に出したら、見事腹ボテになったことがあります。
その女が嫁だったからよかったようなものの、結婚していなかったら面倒なことになっていました。

・熟女はおばちゃんではない

熟女といってもおばちゃんではありません。
全然女としての魅力は損なわれていませんね。
最近、出会い系で知り合ったばかりで新しく不倫することになった人妻は、明るい髪色をした女性です。
肩まで伸ばした髪が色っぽくみえました。
背が高い大人の女性という印象でしたね。
実は彼女は不倫していると言われたら、「そうだろうな」と納得してしまいそうな女性です。

・デートの勝負服はスーツ

熟女とばかり不倫しているから、いつのころからか不倫中の服装がスーツになりました。
休日にデートするとしても、家族に仕事だと言い訳しやすいのもありますね。
たまに、本当に不倫した足で会社に仕事師に行くこともありますから、半分は本当のことです。

スーツで人妻とデートすると、二人でいるところを他人に見られても不自然な感じがないと思います。
二人の服装があまりにも違いすぎると不自然で目立ちますよね。
いかにも出会い系で不倫してます、みたいなことになります。
その点、男だけスーツというのは別に珍しくもありません。
ワタシのほうも「安全」には気を使っています。

・濡れないなら濡らせばいい

セックスする前に彼女が「今日は安全日」と言われました。
熟女からの大丈夫という言葉を信じて生ですることにしましたよ。
少し前の中出しから間が空いていましたから、彼女がまだ濡れる前から入れたくなってしまいました。
そういうときのためにワタシはローションを持ち歩いています。
熟女は濡れにくいことも多いので必需品ですね。
この日はいきなり入れようと思いましたから、まったく濡れていなかったので、ローションで濡らしながら、穴のほうもほぐしていきました。
そして、ローションの力を借りて、熟女の粘膜にたくさんの愛情を注ぎました。