出会い系を使ってみたら、欲求不満な人妻とセフレ関係になりました。これはわりとよくある体験談だと思いますが…実はそのセフレが『結婚していたのにほぼ処女みたいな女性』でして、最初はめちゃくちゃきつかったのです。

その女性と仲良くなったのは、秋ぐらいの頃でした。当時の私は彼女にフラれたばかりでして、「優しそうな女性に癒やされたいなぁ」と考えていたのです。そうなると年下よりも年上、さらに言えば人妻とか良さそうですよね?

出会い系には既婚女性も多いですし、結婚している女性は包容力のある人がたくさんいると思って、そういう女性にばかり声をかけていました。すると27歳のA(仮名)という女性と仲良くなれまして、私は「この人とセックスしたい!」と思うようになり、頑張って話しかけたのです。

Aも夫とはあまり一緒に過ごせないのか、私が連絡するとすぐに返事をくれることも多く、デートに誘うのは簡単でした。もちろんデートと言いつつセックスもするつもりでして、Aもそれは意識していたと思います。

出会い系で約束した場所で落ち合った際、私はAのキレイな顔に惚れ惚れしました。人妻でなければ真面目に交際も申し込みたいですが、やはり相手にも家庭がありますから、セフレでも我慢しないといけません。まあ、セックスできるだけでも最高ですけどね。

Aと普通のデートでいい感じに盛り上がったら、思い切ってホテルに誘いました。するとAはちょっとだけ迷う様子を見せましたが、「ステキな時間を過ごさせてもらったし…」と言い、私とのセックスを受け入れてくれたのです。

ホテルではAの体を触りつつ脱がしていると、かなり恥ずかしそうにしてまして、「旦那さんとはあまりしてないの?」と聞くと、「旦那とは結婚して数ヶ月間だけしたけど、それからは一度も…」と教えてくれました。

それだけでなく、Aは結婚するまでは処女だったようで、旦那以外とは経験もありません。そんなAが放置されている理由が『実は旦那はすでに50代で、結婚して早々にEDになってしまったから』でして、Aからするとつらい話でした。

その言葉通り、Aの中はきつく、最初のうちは感じるというよりも痛がっていました。処女喪失からあまりにも経験が少ないと快楽も感じにくいため、この日はかなり丁寧にセックスを進めたのです。

後日会ったときはAも多少慣れていたおかげで、初めての絶頂も経験しました。結婚しているのに性感がウブというのは、たまりませんよね。