僕は昔から上戸彩さんが好きなんですよ。
なので、できれば上戸彩さんに似ている人妻に出会いたいと思っているんですね。
といいつつも、僕が結婚した今の嫁が上戸彩に似ていないから、出会い系の人妻が似ていなくてもウェルカムです。
似ている女の人に会えたらいいな程度の希望を持って、ずっと不倫を続けているんです。
会えたら嫁と離婚してその女性に求婚するかもしれません。
ただ、最近は別に似ていなくてもいいかなと考え方が変わってきたんですね。
不倫そのものが楽しくなってきたんですよ。
中途半端に似ているよりかは、まったく似ていないほうがいいですね。

・嫁の髪型を変えてみたら幻滅した

嫁には上戸彩さんみたいな髪型が似合うと言ってみたことがあります。
そしてその髪型にしてくれたんですが、まったく似ていませんでした。
髪型だけ似せても顔はどうしようもないので、逆に厳しい現実を突きつけられてしまいました。
だから、というわけでもないでしょうが、それから不倫するようになったんですね。
いずれは上戸彩似の美人に会えると信じて人妻との出会いを繰り返したんです。
そうやってたくさんの女の人との不倫を繰り返していると、不倫そのものが楽しくなってきたんです。
彼女に似ている人に会えなかったというのも大きいですが。

・似ているから美人とは限らない

最近はもう似ているかどうかにはこだわらなくなってきて、どんな相手がきてもウェルカムの状態ですよ。
その人が魅力的ならそれでよしにしていますね。
一度、似ているけれど美人じゃないという人妻に会ったことがあるんですよ。
その経験がこだわらなくなった一番の原因かもしれませんね(笑い)

だから、この前会った人が似ていなくても全然ウェルカムでしたね。
体が魅力的だったので、それで僕は本望でしたよ。

・むっちりしていたが体のやわらかい女の人

その人は、むっちりした体形で、抱き心地がよさそうな感じがしました。
というか、実際よかったですよ。
むっちりしていたんですが、体は柔らかくて、両足を大きく広げることができましたよ。
なので、大きく足を広げて上からストンストンと腰を打ち付けました。
ちょっと前つき気味だったので、そのほうが具合がよかったんですね。
腰を打ち付けるたびに、あっ、うっ、と声を出していました。
感度がよかったので、彼女のほうも僕と同じように不倫を繰り返しているんだと思いました。
そして、これからもしばらく僕と不倫してくれる約束をしてくれました。
経験豊富な女性を満足させるのは大変ですね(笑)