若い男は猿のようにやりまくるのが当たり前…そんな言葉を聞きますが、その通りだと思います。私は今20代後半でして、性欲に関してはまだまだピークでした。一日に五回はオナニーできるので、休みの日は空っぽになるまでしごくのが日課みたいなものでしたね。

そんな私にとって、出会い系はよき相棒でした。ここには普通に彼氏を求める女性だけでなく、『セフレを求めるエッチな女性』も多いです。とくに女性は40代くらいになると性欲が強まるみたいで、人妻も結構見かけました。

出会い系を使う40代以降の人妻と言えば、相手も同じくらいの男性を求めていそうですよね?しかし、こういう女性は『自分の息子くらいの若さを持つ男』を求めており、20代の男はこの上なく魅力的なのです。その理由は、単純明快でした。

男は40代ともなると性欲が衰えている人が多く、40代の女性と一緒にいてもなかなか満足させられません。そんな女性たちが求めるのこそ『若くて際限なく求めてくる男』であり、一見すると恋愛対象にもならない、息子みたいに歳の離れた男を求めるのです。

私が出会い系で見つけた人妻セフレも40代で、20代の男性に限定して求めていました。つまるところ、私は相手にとって最高の男らしく、一日に何度もしたくなると伝えたら「私としようよ!」と大変乗り気だったのです。

なお、この女性にも息子がいて、さすがに息子相手に欲情はしていないのですが…夫に比べると元気で意欲的な姿を見ていると、やっぱり「ああ、これくらいの男性に激しく求められたい…」と考えるらしいです。好みのタイプは女性によりけりではありますが、性欲が強い男であるに越したことはありません。

相手は40代ですが、普段はたまった欲求を運動で解消しているのか、想像以上にキレイな体つきでびっくりです。40代といえばぽっちゃり体型しかいないとばかり思っていましたが、意識の高い女性であれば、これくらいには維持できるのですね。

相手のお望み通りにすぐラブホテルに向かうと、洗う前なのにフェラをしてくれました。汚いからと言いましたが「ああ、若い子の匂い…」とうっとりしてまして、女性もそういう匂いが好きなのかと少しだけ意外でしたね。

この日は母であることも忘れた相手が四回も求めてきて、私もすごくすっきりしました。まだ射精はできると思いますが、やはりセックスは体力も消費するため、これ以上はお互いがバテると思って終了です。

ちなみに今でもこの人と遊んでいますが、会う度にいつも限界まで楽しんでいます。