出会い系で人妻と不倫するのは体力勝負ですよね。
ワタシは、スタミナには自信があっても、女の人を持ち上げる体力となれば話は別です。
なので、毎度おとなしい体位でのエッチをしていたんですね。
しかし、この前出会った人妻は背が低い女の人だったので、ようやく体力のないワタシでもアクロバティックな体位でエッチできたんですよ。
でも、完全ではなかったので、体を鍛える必要を認識した次第なんですね。
人妻との出会いの合間に筋トレするようになりましたよ。

・会うまではどんな人かは気にしない

ワタシは不倫はしたいが、嫁と別れるつもりはないんですね。
嫁に隠れていけないことをやっているというのが楽しくてしようがないんです。
なので、見た目とか気にせず、どんな人妻でも出会うことにしているんですよ。
例え貧乳であってもぜんぜん気にしません。
この前会ったばかりの人妻は貧乳で背が低かったんですよ。
メールのやり取りの段階ではどんな見た目なのかをワタシのほうから質問することはありませんでした。
相手から切り出せば話題にする程度だったんですね。
本人に対面したときも、こんな感じの人なんだなと思っただけですね。

・家族には仕事だと言い訳

どんな女の人かと言いますと、背は低いが、顔の印象はきりっとしていました。
メイクもかっちりしていて、デートというよりも、取引先との商談にやってきた、みたいな印象を受ける様子でした。
今日は家族には仕事に行くと言い訳してきたのかなと思いましたね。
だったらワタシとしてもお仕事をきっちり頑張らないとと襟を正しました。
ワタシの場合、結婚当初から休日は家にいませんでしたから、不倫のために出かけてもまったく不審に思われることはありませんよ。

・駅弁というものをやってみた

彼女は背が低いから体も小さくて軽かったんですよ。
こう言っちゃあれですが、肉入りのオナホですよ。
体が軽いからアクロバティックな体位も取れたんですね。
駅弁?ですか、あれをやってみました。
体力には自信がなくて、これまでやったことはなかった体位なんですが、体の軽い彼女とならできるかもとチャレンジしてみました。

途中まではうまくいったんですが、いくら彼女の体が軽いと言えど、最後まで駅弁をするのは無理でした。
彼女にはいったん降りてもらって、ベッドに移動してから残りを済ませました。
ベッドの上では軽い彼女がベッドの上に移動して頭をぶつけないようにするのに気を使いました。