ぼくは嫁は好きですし、家族に不満はありませんが、嫁がセックスに協力しないのが不満なんですね。
二人で出かけてセックスしようと誘っても、家族がどうとか気分じゃないとかそんなにまでしたいのかとか、誘うたびに断られているうちに、嫁としようという気がなくなってしまいましたよ。
だから、セックスするために出会い系で人妻と不倫をしているんです。
家族には悪いとは思いつつ、ボクだってまだまだ男としては現役ですよ。
セックスしたいときがあることを分かってほしいですね。

・年上だけどかわいい女性がお相手

ぼくが出会い系で知り合った女性は、年上の女性を捕まえてこういうのは失礼かもしれませんが、彼女はかわいい顔をしているんですよ。
彼女が子持ちの人妻だと言われても信じられないんじゃないでしょうか。
ボクは今でも信じられないですね。

彼女には娘がいるらしいんですけど、彼女と一緒に出掛けたら姉妹と間違われるんじゃないでしょうか。
彼女にそのことを言ったら、かなり強く肩を引っ叩かれてしまいましたよ。
冗談止めてと笑いながら引っ叩かれたから怒らせたんじゃないでしょう。
からかっていると思ったみたいですね。
でも、まんざらでもなかったから笑っていたんだろうと思います。
ぼくは本気で姉妹に見えるはずだと思いますね。

・お酒が入るとよくしゃべる

彼女は普段はとてもおとなしい女性なんですが、お酒が入るとよくしゃべるんです。
話題はダンナの愚痴が中心ですが、出るわ出るわ、よくそれだけ言うことがあるなと感心してしまうくらい一人でしゃべっていますよ。
嫁の愚痴を黙って聞くことは忍耐力の面でもうできませんが、自分とは関係のない家庭の話だから、そんなこともあるんだなと他人事のように聞いています。
彼女に気持ちよくおしゃべりをさせていれば、その後のホテルでいろいろ「サービス」してもらえるから黙って聞いているんですね。

・マッサージしてもらうと体が生き返る

サービスというのはマッサージです。
疲れている体にマッサージはしみいるんですよ。
固まった全身がほぐれていく感触を味わえますね。
彼女からは何度もマッサージをしてもらっていたので、マッサージが上手だねと、話題が尽きたタイミングでそれとなしに聞いてみると、ダンナとアツアツだった時期にはよくマッサージしてあげていたそうなんですね。
毎日のようにマッサージしてあげていたから上手になったんじゃないかということでした。
……なんとなくさびしい気持ちになりました。
出会い系の人妻だけでなくて、自分の嫁にも多少のスキンシップをはからないといかんな
と思いましたね。