初めまして、人妻専門調教師です…なんていうのは冗談ですが、私には『出会い系で見つけた淫乱な既婚女性のA(仮名)』というセフレがいまして、普段は清楚な専業主婦として生活しているらしいですが、私の前では『夫にも見せない痴態』を晒しているのです。

私は昔から女性を(性的な意味で)従えるのが好きで、恋人を作るときも『Mっ気が強めの女性』を選ぶようにしていました。普段は優しく接しているのですが、セックスのときだけはSっ気を隠さず、女性を屈服させることで興奮を得ていたのです。

そのため、セフレ欲しさに出会い系を使ったときも、Mっ気のある女性を探していました。最初からMかどうかを聞くとドン引きされるのが関の山ですので、仲良くなるまでは普通に話します。そしてAという人妻が「私、ちょっとだけMかもしれません…」なんて話したのです。

Aは「夫とセックスして満足できなかったときは、いつも縛られて犯される妄想をしながら自慰をしているんです…」と告白してきました。ちなみにAの夫は真面目で普通のセックスしかしないため、Aはなかなかいけないようでした。

とはいえセックスを理由に別れることはできないし、出会い系なら割り切って遊べる相手が見つかる…そんな期待を持って、Aは相手を探していたのです。私にとってはこの上ないほどぴったりの女性で、人妻というのもなかなかそそるから、すぐに会う約束をしました。

待ち合わせ場所で落ち合ってすぐに、私はAにスカートをたくし上げさせました。実は会う前に「アソコの毛を剃っておいて、ノーパンで来ること。そうすれば、最高に感じさせてあげる」と伝えたら、本当に綺麗なアソコを見せてくれたのです。

いくら人気がないとはいえ外で見せるのは恥ずかしかったのか、Aの顔は早くも真っ赤でした。しかし、アソコからエッチな液体が出ていたことを、私は見逃さなかったのです。

ホテルに到着したらすぐにスカートの中に手を入れて、「ノーパンってだけで感じたの?Aはすごい淫乱だ…」と囁きました。すると「あっあっ、違うんです…」と喘ぎながら言い訳をしましたが、説得力はありません。

Aを脱がしたらご希望通り手足を縛り、自由を奪った状態で焦らしまくります。アソコに指を入れるとめちゃくちゃ締めてきて、それでもいかせてくれないものだから、「お願いです、もう入れて…!あなたの奴隷になりますから…!」と屈服し、私は新たなセフレをゲットしたのです。

Aは夫とするときは清楚な受け身美人ですが、私とするときは淫乱なM奴隷って感じで、最高のセフレになっていますよ。