女性は結婚すればそれなりにセックスの経験も増えるため、初々しい反応というのも見せなくなっていきます。処女とのセックスの楽しみに『これまでしたことがない行為に対する恥じらい』があるように、初々しい反応というのは男を盛り上げてくれるのです。

最近私がセックスしているセフレは出会い系で見つけた人妻なので、旦那とのセックスはかなり経験しており、普通に絡み合う分には初々しさもありません。その分慣れた動きが気持ちよくて、風俗嬢としているかのような楽しみがありましたね。

しかし、この人妻のセフレに『大人のおもちゃ』を使ってみると、なかなか面白い反応が楽しめました。出会い系で話していたときから落ち着いており、いかにも大人っぽい余裕が見えていたのですが…まさかあそこまで乱れるとなれば、男としては楽しいですよ。

出会い系でこの人妻はクルミ(仮名)と名乗っており、私の誘いにも簡単に乗ってくれました。このときの私は初々しい女性を求めていたわけではなく、「セフレになってくれる女性はみんな経験豊富だろうし、相手からいろいろしてもらうか…」といった気分で相手を探していたのです。

だからクルミに対して不満はなかったし、実際に会ってもその評価は変わりません。クルミは夫だけでは満足できないからと男を探しており、性欲の強さは言うまでもありませんでした。さらに顔立ちとスタイルはレベルが高めで、セックス相手としては文句がありません。

初日はクルミに任せつつ、普通にセックスをしました。クルミはアレコレ言わなくても自分で気持ちよくしてくれるし、私が触れるといい声を出してくれるから、これだけでも十分楽しめる相手だと思ったのです。

そして次に会ったとき、私は持参した大人のおもちゃをクルミに見せて「今日はこれを使ってみてくれない?」と言ってみました。すると喜ぶかと思いきや、「えっと、こういうのは使ったことがなくて…」と戸惑ったのです。

そう、クルミはセックスが好きなわりには大人のおもちゃを使ったことがなくて、使い方も詳しくないのですね。ただ、バイブを使わせてみたらすぐに気に入り、自分で動かして喘いでいました。

その様子を「とてもいやらしいね」と言ってみたら「やだぁ、見ないで…」と普段ならあり得ない恥じらいを見せて、私はものすごく興奮したのです。エッチな女性の恥じらいって、すごく貴重ですよね?

それからもクルミに大人のおもちゃを使っていますが、まだまだ慣れていないらしく、ちょっと戸惑うところが本当にたまりません。