男で毎日オナニーしている人は珍しくないですが、女性で毎日オナニーしている人っていうのは、わりと珍しい気がしませんか?女性のオナニー経験率は男性に比べて少なく、好きな男性がいないと性欲がわきにくいという仕組みがあるため、相当性欲が強いのが窺えます。

よって、毎日オナニーしている女性はセフレにもしやすい反面、相手をするのは大変です。オナニーで満たされないからこそセフレ男性を探しているのであって、あっさりと終わる男なんてお呼びではありません。1回は確実に遊べると思いますが、長く付き合えるセフレが欲しい場合、男性側にも相応の性欲が要求されるでしょう。

ちなみに私の性欲はそこそこって感じで、オナニーなら毎日1回くらいしていました。なお、理想的なセックス相手がいる場合は1日に2回から3回くらいできるため、「性欲が強い女性が相手でも、なんとかなる…かな?」と思っていたのですが…。

そんな私も出会い系でセフレを作ったら、とある人妻(以下Aと表記)と会えました。Aは39歳で専業主婦をしているらしく、自分で「オナニーなら毎日しているけど、物足りないの…」と教えてくれたのです。こういうことをカミングアウトする女性は、セフレになってくれるタイプでも稀でした。

オナニーについては私も毎日しているし、性欲については似たようなものだと思ったのです。それにAが見せてくれた写真は下着姿でルックスもかなり好みだったから、「この人が相手なら複数回はできるだろうし、相手も満足するだろ」と思いました。

出会い系で会う日を決めたら、当日はそこにAが立っていました。オナニーだけでは満足できないと話していたわりには落ち着いた話し方でして、「この人妻、本当に同一人物?」なんて思ってしまったものです。

ただ、会った直後からラブホテルをせがんでくるあたり、やっぱり出会い系で話していたときと同じ人でした。人妻ってだけでもエロいですが、自分からセックスを求めてくるっていうのがまたそそりまして、私も意気揚々とラブホテルに向かったのです。

そしてAとセックスをしましたが、毎日オナニーする女性の性欲はヤバいですね…私はこの日頑張って3回ほど射精しましたし、Aも2回くらい絶頂したらしいですが…これで終わりかと思ったらまたしたいと言い出して、「次は頑張るから…」と伝えてやっと解放されたのです。

次に会うときはしっかりとためて、精力がつくものを食べてから会いましたが、それでも大変でした…毎日オナニーしているような女性とするなら、かなり覚悟が必要です。