わたしが出会い系を始めたのは、妻と喧嘩したことがきっかけです。
あんまりにも腹の虫がおさまらないので、出会い系で不倫をしちゃると。
そんな感じで、言ってみれば一時の気の迷いから始めたことなんですが、知らない人妻とセックスできるのは楽しいですね。
妻との喧嘩は終わっていますけど、結局不倫のほうは続いていますね。

最初に不倫した人妻は、刑事bなんで仲良くなると、仕事中の写メを送ってくれました。
誰もいない職場でのセクシーショット。
いかにもOLな感じの制服がそそりました。
しかも、だんだん肌が露わになっていくではありませんか。
最後は大きなバストを寄せて上げた写真でした。
そんな写真を贈ってこられたら早く会いたくなりますよね。
しかし、なかなか彼女と予定が合いませんでした。
それこそ、妻がいろいろ用事を言いつけるものですから。
考えてみれば、そんなことにいちいち付き合う必要はなかったなと思いますね。
気付くのがちょーっと遅かったですね。

だから、会えるまでは彼女の写メはもちろん、今もスマホに保存して有効に「活用」しました。
何に使っているかは….ご想像におまかせします。
会えない時はその写メで寂しさを慰めていましたね。
もはや、妻に対してはピクリとも反応しませんから、彼女の写メがなければどうなっていたか分かりませんよ。

なんとか彼女と会う時間ができた時はうれしかったですね。
そういえば、彼女の顔のことについては、会うその日まで考えたことがありませんでした。
会ってみると、彼女は目鼻立ちのはっきりした童顔の女性でした。
35歳という年齢よりも若い印象を受けましたね。

もっとも、それよりも大事なものがわたしにはありました。
夢にまで見たむっちり巨乳が目の前にあったんです。
当たり前ですが、写真より実物のほうがいいですね。
なにせ実物には触れるんだもの。
もう無心で揉みましたよ。
大きくてやわらかくて、そのままお土産に持って帰ろうかと思いましたよ。
しかも、バストは大きいけど乳輪は小さくて、最高でした。

出会い系で人妻とセックスを繰り返していると、自分の妻のことがどうでもよくなりますね。
もはや妻から何を言われても何も感じなくなりましたよ。
自分には人妻がいるから、言わせておこうという心の余裕が出てきたんですよね。
もっとも、妻からすれば、わたしが何も言い返さないので、余計機嫌が悪いみたいですけどね(笑)
ますます彼女から気持ちが離れていきましたよ。