体だけの関係は寂しい、そういうのはイヤ、精神的なつながりが欲しい。
そんなことを考える人妻は落としやすいと思いますね。
こういう傾向のある女性は、掲示板でも簡単に出会いまで行けます。
口ではそんなこと言っていても、エッチを断るかというとそうではありませんから、敬遠する必要はありませんよ。
ちゃんとエッチには応じてくれます。
気を付けることがあるとしたら、人妻にヤリ捨てと悟られないことです。
男のほうに内心では二度と会う気がなくても、その場で女性にそんなことを伝えたら逃げられるだけです。
ヤリ捨てるつもりでも、エッチするまでは心が満たされているという幻想を見せてあげるのが、男としての礼儀というものでしょう。
ただ、その手の心が大事的な人妻は、依存してきますから、ヤリ捨てしないで関係を続ける気なら注意した方がいいですよ。
僕なんかはさっさと次の女性に切り替えていきますね。

この前リリースした女性も、精神的なつながりを求めるような女性でしたね。
スレンダーでスタイルはよかったんですが、おっぱいはまな板だったので、体に自信がなかったのかもしれません。
だから、精神的なつながりが大事とか考えていたのかもしれません。
彼女には依存されそうだと思いましたから、そうそうに関係を切りましたね。
ですから、彼女が本心はどう考えていたのかは分かりません。

ただ、たまに出会ってすぐに別れたのは惜しかったなと思うこともあります。
彼女は、32歳と言っていましたがとても透明感のある肌でしたね。
化粧を落としたすっぴんも見ましたけど、肌がきれいでしたよ。
30過ぎるとひどい女性になるとすでに肌がくすんでいますが、彼女は透き通っていましたね。
それは彼女が日ごろ外に出ないだけなのかもしれませんけどね。

顔の肌はきれいといいましたが、体もきれいな肌をしていましたよ。
だから、部屋の電気を落とさずに照明を明るいままにしてエッチしましたね。
明かりの下で、透明感のあるお肌が輝いているように見えたので、を僕の汚い唾液で汚していいものか、瞬間迷いましたね。
すぐにそんな迷いはどうでもよくなって、覆いかぶさってペロペロ全身を舐めましたけどね。

挿入すると、彼女がギューッときつく抱き着いてきました。
僕の背中に彼女の指の跡が赤く残ったんじゃないかと思います。
自分の後ろは見えませんから、そのくらい強く抱きしめられたってことです。
彼女とエッチした3日後後くらいに、久々に嫁に求められたときは気が気でなかったですね。
嫁に背中を見せないように体位を工夫しましたよ。
むしろ出会ったばかりの人妻とのエッチよりも、嫁にばれないようにエッチした方が興奮したまでありますね。