ぼくはいつもエッチには全力ですから、終わった後は燃え尽きてしまうんですよ。
それは出会い系の人妻が相手の不倫でも、嫁が相手でも変わりません。
常に全力なんです。
だからぼくは月に一度の頻度で充分満足できるんですが、女性陣は月一では数も頻度も全然足りないらしいんですよ。
そんなに体がもちませんよ。
かといって、一回のエッチの時間を短くするのも気が進まないんですね。
どうしたものかと思うんですが、不倫を止める選択肢は絶対にありません。

・魅力的な女性を前にしておざなりなエッチはできない

だって出会い系の人妻のみなさんはとても魅力的なんだもの。
そんな魅力的な女性たちを前にして、おざなりなエッチをするなんて考えられませんよ。
不倫しないというのはもっと考えられません。
この前会った女性も魅力的な女性でした。

彼女はロングの髪を前に垂らして胸を隠していました。
でも、きょぬーだから全然隠れていなかったんですよ。
ほらね、おざなりなエッチはできないと思いますよね?
だからつい全力になってしまいます。
手抜きなんか考えられないんですよ。
もしそうなら不倫をするなということになりますよね?

・食事の時間は落ち着いて過ごす

ぼくはエッチには妥協をしませんし、人妻との食事も落ち着いた時間を過ごして充実したものにしたいんですね。
せっかくの出会いを充実したものにするには女性との会話が重要なんです。
目の端には彼女のきょぬーをとらえつつ、表情にはそんなことを表さないようにします。
いかにも体が目的という態度は女性も嫌だろうとぼくは思うので、彼女にもそんな態度が出ないように気をつけました。
出会い系でそんなことを気にする人妻には会ったことはありませんけどね(笑)

・体位を変えながらのエッチが疲れる原因か?

ぼくは一回のデートをじっくり味わいたいので、エッチの最中に体位をコロコロ変えるんですね。
相手によって、それかそのときの体調によって一番気持ちよくなる体位が違うんですよ。
だから、少しずつ体位を変えて行きました。
そんなことをやっていると、いつものように時間が長くなってしまいました。
一回が長くなると数がこなせなくなってしまいますよね。
彼女は回数に不満かもしれませんけど、彼女も長いエッチに疲れたのか、何も言いませんでした。
疲れて横になっている彼女は色っぽかったですね。
時間が許せばもう一回はしたかったですね。
でも、不倫をしているので、時間の余裕はありません。
少しだけ休んで二人とも家に帰ることにしました。