わたしが不倫という危険を冒してまで出会い系で人妻とセックスするのは、彼女たちのテクニックが目当てですね。
彼女たちの熟練の技?がとってもいいんですよ。
独身の女性たちはセックスになると受け身なんですが、なぜか出会い系の人妻は積極的に動いてくれるんです。
こちらから頼まなくてもフェラしてくれるのは当たり前ですね。
だから、たまに嫁とテレビを見ていて、ワイドショーで芸能人の不倫を取り上げていると、横の嫁に気づかれないかドキドキするんですが不倫が止められないですね。

・アラフォーの魅力的な女性と不倫中

目下、出会い系で知り合ってから不倫している人妻は、39歳の女性です。
アラフォーというのは、女として一番脂の乗っている時期だと思いますね。
彼女が不倫する理由は、詳しく聞いたと思いますが、すっかり忘れてしまいました。
結局、会ってやることやることに違いはないですよね。
で、会う回数が増えてくると、お互いの事情みたいな話をすることもなくなりました。
次いつ会えるかということ以外に確認すべきこともないですよね。
どうして不倫をなんて話はすぐにしなくなりましたよ。

・1杯のコーヒータイム

それでも、会ってすぐセックスでは不倫の意味がありませんから、毎度、いきなりホテルではなくて、1杯コーヒーを飲みに行く時間は作ります。
彼女との近況の報告と不倫とは言え、体だけでなく精神的なつながりもあったほうがいいですから、この30分ほどの時間は日課?になりました。
でも、その後のことを考えて、彼女の口元ばかり見てしまうんですよ。
グラスを口につける仕草でさえなまめかしいですね。
その場で押し倒してキスしたくなりますよ。
だからいつも彼女の話を上の空で聞いてしまいますね。

・根本場で咥えての奉仕に放心

そんなんですから、ホテルに入ればとりあえずビールの勢いでフェラしてもらいますよ。
根元まで咥えて飲み込んでくれるんですね。
吸引力はすごいし、舌は絡みついてくるんです。
咥えたまま前後に出し入れされるとすぐに逝ってしまいますね。
「ああ、逝きそう」とわたしが言葉を漏らすと、彼女の舌がさらに動き出すんです。
集中的に先っぽを刺激されたらもう我慢できません。
ぜんぶ口の中に出してしまいます。
彼女はそれを最後の一滴まで残さず吸い取ってくれるんですよ。
そして、さんざん奉仕してくれた彼女には悪いんですけど、しばらくわたしは使い物にならなくなってしまうんですね。
使い物になるまでの時間を稼ぐために、わたしのほうが彼女に奉仕をしないといけません。
でも、腰が抜けたような状態になっていますから、彼女のほうにわたしの顔にまたがってもらいます。