いくら夫婦であっても、ケンカ中はセックスしようって気にはなりにくいですよね?ケンカ中でも無理矢理求めると同意がないまますることになり、下手をすると強姦になります。こうなると離婚どころの話ではないため、ケンカがきっかけでセックスレスになる夫婦も珍しくありません。

ケンカとセックスレスが重なれば、「違う相手とセックスしたい…」って考えるのも自然ですよね?だから私も『夫とケンカ中の人妻』と出会い系で知り合い、普通にセックスもさせてもらいました。また、この女性とはおいしい展開になりまして、もっと楽しめています。

この女性の名前はラン(仮名)といい、結婚して8年目の35歳でした。8年目と言えばそろそろ倦怠期に突入していてもおかしくない頃で、ランも夫に対してときめかなくなり、「このままじゃいけないし、またデートとかたくさんして仲良くなろう!」と考えたものの、夫は全然それに付き合ってくれないのです。

そのくせセックスだけを求めてこられると、女性としてはムカつきますよね?だからランが夫を拒否することでケンカが勃発し、そのままセックスレスに突入、こうして出会い系を使い始めたのです。人妻の身でありながら、「別の人とするなんて、ドキドキするね!」と興奮気味でした。

初デートをしたときのランは意外と若々しい姿で、出会い系で見つけられる女性としてはかなりの上玉です。おかげで私の股間も大喜びでして、「早く人妻ならではのセックスをしたいなぁ…」なんて思いつつ、食事を済ませました。

ラブホテルでは予想通り、独身女性とは違う積極性がありました。夫にしてあげていたであろうフェラチオは気持ちよく、口だけで出しそうになってしまい、慌てて離れました。しかしランは意地悪く素股をしてきて、入れる前から1回出してしまったのです。

負けじと復活させてみるとランは喜び、「夫とするよりもいいよぉ!」と満足してくれました。ランとはこの1回以降はしばらくせずに、ちょっと経ってから連絡がきたのですが…。

なんと夫と別居状態になったらしく、私が誘う前に「もう夫のことはどうでもいいし、ウチでセックスしない?」と聞いてきてくれて、迷わず家に向かいました。家にはランの甘い香りが充満しており、この匂いだけで股間が熱くなります。

夫がいないランの性欲は留まることを知らず、今では週1くらいで会っており、場合によってはお泊まりして朝まで絡み合っています。離婚するかどうかは分かりませんが、ランとの関係はしばらく維持できそうです。