女性は結婚すると子供を欲しがるものですが、なんらかの理由で作れないままの夫婦もいます。女性が妊娠しにくい体質だったり、男性の種に問題があったり、とにかく子供ができないと夫婦はギクシャクとしやすいのですね。

また、『夫の性欲が弱い』というのも関係しやすいです。男性は10代のうちはいくら出しても勃起できるほど性欲が強いですが、結婚することが多い20代後半から30代ともなれば性欲が弱り始めており、夫婦の時間も減ってしまって結局はできないまま…なんてこともあるでしょう。

そのまま妻が40代から50代になれば、出産を諦めるケースもあります。そもそも女性も早ければ50代で閉経してしまうこともあるし、出産する年齢が高くなるほど負担も大きくなるため、「本当は欲しかったけど、しょうがないよね…」と泣く泣く諦めている女性もいるでしょう。

なお、こうした女性は若い頃のセックス回数が少ないこともあって、「もう子供は作れないけど、せめて女としての悦びを感じたい…」なんて考えることもあります。女性の性欲は男性と違ってピークが遅いので、40代や50代は欲求不満になりやすいのです。

私が出会い系を使っていたときも、『子供を作れなかった40代後半の人妻であるA(仮名)』と知り合ったのですね。Aも本当は子供が欲しかったみたいですが、旦那が年上で性欲も強くないこと、さらには会社役員なので仕事が忙しく出張も多かったため、夜の回数も少なかったのです。

そのため、Aも子供は諦めていたのですが、「旦那はいつも私を満足させてくれなかった…」と出会い系でぼやいており、人妻からこんな話を聞いたら「もしかして、誘ってるのか?」と思いますよね?

私はそうだと断定し、Aをデートに誘いました。車で少し走れば港が見える公園があったので、デートスポットには困りません。それをAに伝えると喜び、簡単に会ってくれましたよ。

Aは40代後半の人妻ですが、子供を出産していないおかげかスタイルは綺麗なままで、顔立ちもまだ若々しいです。出会い系ではかなり上玉と表現できるルックスだったから、私もノリノリでAをもてなすことにしました。

忙しい夫はこうしたロマンチックなデートもしてくれなかったようで、港の夜景を見せてあげるとAもご満悦です。そこからホテルに誘うのはとても簡単でして、「夫がしてくれなかった分、あなたが満足させて…」と甘えてきました。

Aの体はセックスの回数が少なかったせいか、とても綺麗であり、今ではいいセフレになっています。