寂しくて不倫している人妻に出会いました。
不倫している今は寂しさを感じることはなくなったようなんです。
彼女と知り合ったときは、家族と暮らしているのに寂しいとはかわいそうな話だと思いました。
わたしでよければ全身全霊で慰めてあげよう。
そう決意をした話です。

・不倫する前は一人寂しく

出会い系で知り合った人妻は、掲示板で不倫をする前は、自分でオナニーをして解消していたというんですよ。
夫が家にいない間に寂しく自分を慰める人妻が頭に浮か美ました。
なんということでしょう。

しかし、出会い系で不倫するようになって、一人寂しくオナニーすることはなくなったとのことでしたね。
やっぱり他人から体を触れられるのがいいと。
彼女から贈られてきたメールにそんなことが書いてあれば、文字を見ただけでムラムラしてきて一発抜いてしまいましたよ。

・顔は幸薄そうだが体のほうは・・・

早く彼女に一目会いたくて、メール攻勢をかけました。
メールがウザいと思ったみたいで、わたしに会ってくれると言ってもらいました。
初めて見る彼女は、化粧映えしそうな顔でしたが、薄化粧でした。
言うなれば幸薄そうな顔といいましょうか。
そんな彼女の顔を見ていると、和服姿の彼女が薄暗い部屋の中で自分を慰めている姿を想像してしまったんですね。

顔だけで見たら幸薄い彼女。
しかし、体つきがおっぱいが大きくて背も高く、全体的な印象としては幸薄そうな印象を受けませんでした。
大きな体には控えめな顔でも映えるんだろうと思います。
彼女にはぜひ和服を着てほしいものですが、無論和服の持ち合わせはないとのことでした。
持っていたとしても不倫のセックスのために着るわけがないと彼女。
これは自宅のタンスの引き出しには和服があるなと直感で分かったんですが、和服とセックスするわけではないので、それ以上は追求しませんでした。
和服なんて些細な問題ですよ。

・目の前に現れた大きなおっぱい

あ~れ~と脱がして遊ぶのはバスタオルで我慢しました。
一瞬ではぎ取ってしまいましたよ。
バスタオルをはぎ取ると、ボロンという感じでおっぱいが目の前に飛び出してきました。
20代のころに比べれば垂れているにしても、程よく熟れたおっぱいはおいしそうでしたね。
両手でつかんで、左右どっちが甘いか食べ比べしてみました。
結果、どちらも(気分的に)甘くておいしかったですよ。
これまでのどの男よりもわたしはバカだったみたいで、彼女はずっと笑っていました。
楽しんでいただけたならわたしも本望ですよ。