僕は出会い系で人妻と不倫していますが、やはり相手に家庭があると想像できると興奮しますね。
他人のものを寝取るのが楽しいんですよ。
僕は結婚していますから、誰と付き合っても不倫になりますが、不倫するなら人妻がいいですね。
結婚しているからこそ、取られたときの夫の気持ちが想像できるんですよ。
僕なら寝取られるのは嫌ですからね。

・夫婦仲はよさそうなのに不倫

僕は寝取るならやっぱり夫婦仲がうまくいっている人妻がいいと思うんですよ。
出会い系ではなかなかそんな家庭は見つからないんですけど、先日、夫には不満はないけど、という女性を見つけることができたんですね。
毎週のように夫からセックスを求められるという理想的な人妻でしたよ。
是非もなくその女性を口説きましたよ。
どうしてそんな女性が不倫しているのかは、まだ聞き出せていませんけどね。

・やる気満々な服装をしていた

彼女との最初の出会いの日は寒かったですね。
寒いので温かい部屋へ誘導しやすかったのは助かりました。
温かい部屋に入って、彼女がコートを脱いでマフラーをほどくと、シャツの首のところが胸元まで大きく空いている、鎖骨が見える格好をしていました。
寒くて当然ですが、いきなりのセックスアピールでした。
そのきれいな鎖骨をなぞりたいのとキスしたいと思いましたね。
気合の入った格好に、これはヤレルと確信しました。
といっても、すでにそこはホテルの部屋だったから、当たり前の話でしょうけどね。
彼女が不倫しているのは、一人の男では満足できないからなんでしょうね。
その気持ちは僕にもよく分かります。

・セックスの最中に電話がかかってきて

セックスの最中に彼女に電話がかかってきたんですよ。
スマホをベッドから手が届くところに置いていましたから、彼女は当然のように電話に出てしまいました。
ちょうどフェラをしているときでしたから、右手にスマホ、左手に僕のムスコを握った状態で通話してました。
電話の相手の声は聞こえませんでしたが、会話の内容が「何時に帰る」とか「買って帰るものがあるか」とかの内容だったので家族からの電話だったと思いますね。

で、時折自分が僕のムスコを握っていることを思い出して、会話の合間に少ししごいてくれたんですよ。
無意識の動きだったんでしょうが、こちらは音を立てるわけにもいかず、彼女の不意の攻撃を耐えなければいけませんでした。
舐めるのは無理だったみたいですが、彼女が電話で「そうそう!」というタイミングでシコシコと。
正直、ちょっと、いやかなり興奮しましたね。
だから、彼女が電話を終えてパクっとしたタイミングでピュッと。