僕が出会い掲示板で人妻と不倫するようになった理由は、涙なしでは語れません。

最近、嫁が裸でベッドの上に横になって誘ってくるのが腹が立つようになったんです。
夫婦である以上、多少の義務を果たさなければいけないと理性ではわかっています。
なんとかこれまで我慢してきましたが、それがとうとう限界に達したんです。
最初は、雰囲気を変えるためとか、こっちのほうが興奮するとか言って、嫁に目隠しをして、顔を見なくていいようにしました。
2か月くらいはそれでなんとか乗り切れましたが、それにも限界がきてしまいました。
どんなに隠しても、体のほうは嫁そのもので、喘ぎ声もいつもどおりの嫁の声です。
半勃ち状態でなんとか義務を果たしていたわけです。

これは、どげんかせんといかん、と思いました。
嫁とのエッチに限界が来たからといっても離婚したいわけではありません。
ちょっとリセットすれば何とかなるとおもったんです。
だから、体だけの関係に割り切れる人妻相手の不倫をしようと考えました。
と思って出会い系に手を出すことにしたんですね。
若い娘と付き合うと、離婚してほしいと言い出されても困りますから、不倫が僕にとって都合がよかったんです。

できれば出会い掲示板では、女性との駆け引きに神経を消耗するつもりはありませんでした。
相手もエッチだけと割り切ってくれているから、初対面でもすぐにエッチの話ができるのはありがたかったですね。
掲示板でやり取りして会うとなったら、それはエッチをするためです。
初対面の人妻とでも、コーヒーでも飲みながら軽い自己紹介を済ませればそれで充分でした。

スレンダーな体形のおかげで、体の緩みもない熟女と最近よく会っています。
彼女と何度かデートする間に、待ち合わせ場所からホテルに直行するようになりました。
小声でどんなプレイをしようかと話し合いながらホテルまで移動する時間も楽しいですよ。
エッチな話が盛り上がってきたときに、通行人とすれ違うたびに、エッチな話を聞かれたんではないかとドキドキしますね。
それもまたいいんですよ。

ホテルまで移動すると、彼女に先にシャワーを浴びてもらいました。
すでにビンビンになっているムスコをしっかりきれいにしました。
嫁とのときでは考えられないくらい元気になりますよ。
おまたせしました、と元気よくシャワーを出ると、人妻がベッドの上で待っていました。

彼女がシャワーから出てくるときにはバスローブを羽織っていましたが、いま僕の目の前でベッドに横になっている彼女はバスローブを脱ぎ去って、一糸まとわぬ裸でした。