ワタシはお正月になれば初詣をして、毎年いろんなことを神様にお願いしていますが、今年は素敵な人妻との出会いをお願いしました。
横には嫁や家族がいるなか、そんなのお構いなく本能に従ってお祈りしたんですね。
毎年お賽銭は10円ですが、今回は50円も入れたからご利益あるはずだと思います。
といっても、口を開けて待っていたところで素敵な人妻がやってくるはずがないのは分かっています。
だから出会い系の掲示板でいい女を探しました。
すると、神様がちゃんと願いを聞き入れてくれたんですよ。

・掲示板で大当たり?!か

子どもと一緒に引いたおみくじは大吉で、待ち人が来ると書いてあったから、気を大きくして出会い掲示板でステキな人妻を探したんですね。
神様にお願いしただけで、そうそううまいことは行かないだろうと思いましたが、すぐにご利益がありました。
掲示板で連絡した人妻からすぐに返事があったんですね。
返事が来ればそこから先の話はトントン拍子で進みましたよ。
いつもより展開が早かったのはワタシの勘違いではないと思いますね。
お参りしたのは学問の神様でしたが、こうまでご利益があると怖いくらいです。

・知り合いに会いたくなくて、人気のない場所でデート

実際に会うという話まではすんなりまとまったんですが、どこで会うかが問題として残りました。
ワタシと彼女の家が割と近所で、お互いの知り合いに会いたくないので、できるだけ遠くで会おうということになったんですね。
待ち合わせの場所に選んだそこは、最寄りの駅から歩いて20分ほどかかる場所でした。
確かに、こんなところで知り合いに会うこともないだろうと思いましたが、どこにも行く場所がありませんでした。
あたりには逆に人目に付きそうな隠れ家的なお店以外になく、そこでお茶をいただくことにしました。
そこに長居をしましたので、知り合いが来なくてよかったと思いましたね。

・我慢できずに神社の茂みで

そこまでして人目を避けたのだから、エッチも人気がない場所でしないと意味がないですよね。
それに、駅の近くのラブホまで行けば必ず人目に付きます。
だから、人気のない神社に彼女と入り込んでそこでエッチすることにしました。
下手にデートで遠出をしてしまったのは失敗かと思いましたが、結果大正解でした。
近くにホテルがなくて、そこまで調べていなかったのはミスかもしれませんが、神社での青姦ができたんです。

車が通る音も聞こえないような茂みの中で、彼女のスカートを捲り上げて、下着を足首まで下ろして合体しました。
こんなこともあろうかと、ワタシはいつもお財布にコンドームを忍ばせているのです。
いつでもどこでもエッチができるのが男のたしなみというものなのです。
それこそお守りみたいなもので、実際にお財布の中のコンドームを使うのは初めてのことでした。