普段はさえないボクだけど、掲示板の中では人妻にモテモテになれます。
自分でもヨメとよく結婚できたと思うくらい冴えないんですよ。
女性から連絡してもらえるなんて、掲示板だけのことだから、もう出会い系が楽しくてしょうがないんですね。
少々ハマりすぎかもしれないと自分でも思いますね。
最近家族と出かけていないんですよ。
アリバイのためにも、今度の休みは家族と一緒に過ごすことにしたほうがいいでしょうね。

と、言いつつ、先週の休みは出会い系で不倫してました。
その人妻とはレストランで対面で座って、おしゃべりしました。
その女性は、笑うと目尻に小ジワができるんですね。
普段から、シワができるくらいよく笑っているんでしょうね。
とても明るい性格の女性なんです。
話しているだけでは不倫をしているようには見えません。
人は見かけによらないですね。
彼女が不倫をしていることはボクが一番よく知っていますけども。

ちなみになんですが、ボクも見た目が冴えないので、悪い意味で不倫をしているようには見られません。
仲間内で芸能人の不倫の話題になっても、「お前には関係ないけど」と言われるのがお決まりになっています。
そこでみんなは笑っていますが、ボクが人妻と毎週のように不倫していることを連中は知りません。
日ごろバカにされているだけのボクですが、密かに優越感に浸る瞬間ですね。

彼女は柔らかくて暖かいんですね。
ヨメが鶏ガラですから、抱いたら柔らかくなくて硬くて温かくもないんです。
人妻がボクの癒しです。
抱き合って彼女の髪に顔を埋めているときが幸せですね。
ヨメが甘え甲斐がありませんから、人妻に精一杯甘えるようにしています。
もしかして自分はマザコンなんではないかと思うこともありますが、それがどうした、ということです。
僕が女性に甘えるのは出会い系だけで、普段はそんなことはしてませんから、誰に遠慮がいるものか。
不倫相手が受け入れてくれる限り、ボクは女性に甘え続けますよ。

甘えるといっても、人目のあるレストランで甘えるわけにはいきませんから、食事が終わればホテルに移動しました。
そして、ムチムチした太ももで膝枕してもらいましたよ。
頭をナデナデしてもらったりして、最高の気分を味わいましたね。

柔らかい太ももに挟まれながら、女性の股に収まると安心できますね。
女性が感じるほど太ももが閉まってきますから、お股に挟まれたいボクと気持ちよくなりたい女性の二人ともいい気分になれるんですよ。
ですが、不倫はほどほどにして、家族との時間を作っていないと、家族から疑われてしまいます。
本当なら毎週むっちりした体にもたれていたいんですが、そういうわけにいかないのがじれったいですね。