わたしは日ごろのセックスに不満があるという人妻と出会いました。
その女性の話を聞いていると、ダンナさんとのセックスは最低でも月一でやっているようなんですが、それでも不満があるようなんです。
夫婦仲は良好、セックスもやっている。
それなのに出会い系で不倫をする人妻がいたということはわたしには驚きでした。
わたしとしては、気持ちよく不倫ができるなら何の不満もありません。
もちろん、彼女にも気持ちよくセックスをしてほしいとも思っていますよ。
そのための努力は怠るつもりはありません。
実際、気に入ってくれたみたいで、彼女との関係は良好ですよ。

・見るからに抱きたくなるような女性

出会ってみると、その人妻は確かにセックスが好きそうな外見をしていましたよ。
おっぱいが大きくて体全体もむっちりしていたんですね。
その彼女に対して月一のセックスで満足してしまうダンナさんはもったいないなと思いましたね。
若いときに抱きすぎて飽きちゃったのかもしれませんが、それにしてももったいないことです。
どんな理由があれダンナさんにほったらかしにされている彼女は、本当にセックスが好きで、ダンナさんだけでは物足りないんでしょう。

・ダンナさんからの誘い待ちで自分からは誘ったことがない

彼女の顔を見ていて、わたしはふと疑問に思ったんですが、彼女がどうして月一で我慢しているのかということです。
セックスするときはいつもダンナさん主導で始めるらしいんです。
なぜ自分から誘わないのか不思議に思いました。

実は彼女、これまで一度もダンナさんをセックスに誘ったことがないらしいんですね。
結婚してからずっと貞淑な妻を演じていて、いまさら方針転換できなくなったというんです。
そういうことってあるんだなと変に感心してしまいました。
そして、貞淑な妻の彼女はベッドの上でも受け身の姿勢を貫いて、声を出すのも我慢しているということでした。
徹底しているのはすごいと思いますが、それならストレスが溜まってしようがないだろうと彼女に同情を禁じ得ませんね。

・自分を解放してもらう

不倫相手とホテルに入って、彼女のテンションは一気に上がりました。
ベッドの上で挿入待ちのポーズをしてわたしを誘ってきました。
挿入して腰を振ると、パンパンとホテルの室内に音が響きました。
あー、あー、と日ごろは我慢しているという声を思い切り出していましたよ。
ここで興奮して腰の振りを早くするとわたしが早くいってしまいますから、セーブするのが大変でしたね。
途中でクリをいじって小休止していたのは彼女には内緒です。
どこまでも彼女には気持ちよくなってもらわないといけませんでしたので、小休止くらいどうってことはないですよね。
わたしの愛撫に感じてくれて、彼女の喘ぎ声がビンビンと部屋の中に響き渡っていましたよ。