僕は熟女が好きなんですが、ワイフが若く熟すまではまだまだ時間がかかりそうなんですね。
なので、熟女と会えると思って出会い系で人妻と不倫しているんですよ。
ぐっとくる人妻とは出会えているんですけど、ぐっとくる熟女とはなかなかですね。
でも、やっとぐっとくる熟女に会えましたよ。
大人の魅力がたまらんかったですね。
ワイフが熟女になったら不倫を止めるかは、五分五分ですね。

直感でぐっと来た女性

その人妻は出会い系を見ているときに見つけました。
なんとなくこの女性は当たりかもという直感があって、彼女との連絡に専念しました。
デートの約束をするまでは1ヶ月かかりませんでしたね。
ちょうど彼女もフリーのタイミングだったみたいです。

彼女とは夜の繁華街で待ち合わせました。
待ち合わせ場所にたたずんでいた彼女からはオーラを感じました。
青く輝いていましたよ。
あたり一面青く輝いていました。
近くのお店の看板も青くなっていましたよ。
ちょっとスピリチュアルな体験をしてしまいました。

不倫パートナー 不倫旅行

青く輝く彼女は、色っぽい雰囲気を持っていましたよ。
夜は短いので、第一印象ですべてを判断しないとせっかくの女性を手に入れられませんよね。
仕事帰りのデートでは臭いが気になるんですけど、彼女と会う前にマウスウォッシュしてきたから大丈夫なはず。
「こんばんは!」と元気に声をかけました。
顔をしかめなかったので臭いは大丈夫だったみたいです。

ということにして彼女を誘ってバーに入りました。
そこは不倫のときによく使うお店なんですけど、彼女のような熟女を連れて行ったことはないんですね。
彼女が気に入ってくれるか心配でした。
しかし、「いい店ですね」と気に入ってくれたようでした。
僕たちの雰囲気もいい雰囲気になりましたよ。

美しくたくましい

バーから出てラブホへと行くことに成功しましたね。
もうこの時点で僕のほうが彼女の虜になっていました。
是非ともセックスしたかったですね。

家事とセックスで鍛えた体は、美しさと同時にたくましさも感じました。
彼女を抱きしめると、向こうから抱き返してくる力が強かったんですね。
逆にきつく抱きしめられてしまいましたよ。
たくましく見えたんですけど、抱きしめてみるとやわらかかったんですね。

セックスに慣れている熟女だけあって、「はーっはーっ」と演技ではなく本気で感じていたのがこちらにも伝わってきました。
ヘアに白いものが混ざっていたけど、全然現役でしたね。
むしろこれからが全盛期と言っていいでしょう。
熟女をあじあわせてもらうつもりですよ。