新卒で就職した際、会社が都会にあるのでそっち方面に引っ越し、5年ほど過ごしていました。最初は都会ならではの便利さに毎日ワクワクしていたのですが、仕事が上手くいかず、そのうち都会の喧噪にも疲れてしまい、退職と同時に田舎へと引っ越したのです。

田舎に引っ越した理由は新しい職場が近いのもありますが、「都会と違って不便かもしれないけど、静かでいいかも…」という期待もありまして、それは予想通りでした。静かな環境で過ごしていると、前の仕事で疲れた心も癒やされていきます。

さらに、新しい職場も田舎の会社というだけあってか、なんだか仕事中ものんびりとした雰囲気があり、マイペースに仕事ができていました。給与については前よりも安いですが、その分休みが多くて残業も少ないから、いろんなことにもチャレンジできたのです。

たとえば、出会い系を使い始めたことは、私にとって大きな変化でした。こういうサイトも都会のほうがいろいろと捗りそうですが、都会にいた頃はそんな余裕もなくて、ずっと職場と自宅の往復だったのです…。

なお、出会い系で仲良くなれたのは人妻のミドリ(仮名)さんという人で、田舎の女性らしい純朴な容姿をしています。しかし、こういうサイトで男性を求めていたように、この女性はかなりのセックス好きだったのですね。

ミドリさんは家業の手伝いをしており、そのまま婿を迎えて結婚したのですが、その婿がとても頼りないと話していました。仕事は必死にやるのですが、それ以外では自己主張に乏しく、基本は言われないとなにもしません。

そんな夫にミドリさんも冷めてしまって、出会い系を使うことになりました。今でこそ人妻ですが、独身の頃はいろんな男性と気軽に体を重ねていたようで、ミドリさんにとってセックスは『男性とのコミュニケーション方法』なのですね。

都会にいると個性的でキレイな女性も多いですが、私はミドリさんのような田舎の女性のほうが好きです。また、ミドリさんには人妻という肩書きもありまして、そのおかげでさらにエロさがアップしています。容姿が清楚系に近いのも、ギャップが楽しめていいですね。

ミドリさんとのセックスは予想通り過激でして、田舎で人が少ないのをいいことにカーセックスをしたり、森で青姦をしたり、これまた都会ではできないプレイを楽しませてくれます。今は恋人もいませんが、ミドリさんがいるとセックスに関しては不自由しません。

田舎には田舎ならではの楽しみがあるので、皆さんも出会い系を使ってみてはどうでしょうか?