わたしの好みの話で恐縮ですが、色白の女性は素晴らしいと思うんです。
特に人妻の肌が白いと、それだけでテンション上がりっぱなしなんですね。
もちろん出会い系では色の白い人妻を口説いていますよ。
掲示板では肌の色は自己申告に頼るしかありませんが、女性が写真を見せてくれたりすると、肌の色が確認できますよね。
ま、写真と実際は違う、という経験をすることもあります。
ですが、たいてい写真だけで判断しても許容範囲に収まっていますよ。
それに、宗教的な理由で色が白くない女性と触れ合えないわけではありません。
色が黒くても、それなりに楽しんでいます。
ただ、白いほうがもっと好きだというだけですから、問題はありませんよ。

掲示板で仲良くなる前に肌の色を聞いて回るのも女性に嫌われますから、わたしのほうからあえて質問することはありません。
先ほど自己申告に頼ると書いたのはそういう理由です。
だから、女性の肌の色は、実際に会ってみるまでのお楽しみなんです。
理想的な肌の色の人妻がやってくるとあたりです。

実際に人妻と出会うまで、約束の待ち合わせ場所で緊張して待っています。
当日は待ちきれなくて、いつも時間より大幅に早めに家を出てしまうんですね。
わたしは純粋なんです。
普段はとてもそうは思われていませんが、こと女性に関しては中学生みたいな純粋さをなくしていません。
人妻と不倫するくらいには大人になりましたがね。

わたしは、女性の顔にはそんなにこだわりはないんです。
ですから、わたしが女性に美しいと言うときは、肌の白さ込みでほめています。
本人としては顔にあまり自信がないという女性に対しても、以前のわたしは白ければほめたおしましたから、嫌味に聞こえることもあったようなんです。
一度、そんな感じで、出会ったばかりの女性をほめすぎて怒られたことがあるんです。
からかわれたと思ったみたいで、彼女は怒って帰ってしまいました。
ですから、その後はその反省を踏まえて、今では必要以上に女性をほめないようにしています。
見た目を謙遜するような女性だったら、「そんなことありませんよ」と言うだけにとどめているんですね。
それで充分、女性に喜んでもらえます。

女性の機嫌がよくなれば、わたしもうれしいです。
顔が白いなら、体はもっと白いですからね。
わたしの第一印象を好意的に感じてもらえれば、その日のうちにホテルにしけこむこともできます。
ホテルに着いたら、着ているものをはぎ取って、その全身の白さを確認できます。
そして、予想どおりきれいな肌の色だったら、それから1週間はわたしの機嫌がよくなります。
ワイフにはどうしてわたしの機嫌がよくなったのかは内緒ですけどね(笑)。