『セフレにしやすい女性の職業』というアンケートを採ったとしたら、おそらく『看護師』は今でも上位に存在するでしょう。私も看護師とセックスしたことはありますが、彼女たちは本当に仕事でストレスがたまっているのか、欲求不満をガンガンぶつけてきます。 患者からすると看護師は天使に見えますが、彼女たちだって人間です。そして人間はストレスがたまるとムラムラしやすくなるため、男を求めるのは自然なことでしょう。だから看護師に幻滅するよりも、「看護師とセックスできるなんて、いい世の中だ!」くらいに考えれば、気にすることはありませんね。 私も看護師は結構気になっていたから、一時期は必死に出会い系を使っていました。看護師も休憩時間中に使うことがあるらしく、私も頑張って探してみたのですが…すると看護師は見つかったものの、その女性は人妻だったのです。 人妻の名前はA(仮名)と言いまして、年齢は31歳でした。学校を卒業してからずっと看護師をしているベテランで、結婚後も子供を作らずひたすら働いているらしいですが…そんな結婚生活だと旦那との交流も減るせいか、セックスもあまりしていないらしいです。 そんなAが出会い系を使うのは、不思議なことではありません。とはいえ人妻という肩書きもあって「この人、会えるのかな?」と思いつつ話しかけました。すると噂に違わず、性欲はかなり強かったのです。 Aと出会い系で話していたら、相手から「会える日ってある?」と聞いてきました。私は残業の少ない仕事だったので、「仕事終わりでいいならいつでも」と伝えたら、「じゃあ私が日勤のときに、仕事終わりのデートをしよう?」と言ってきたのです。Aの言うデートとは、もちろんセックス込みでした。 あまりにもとんとん拍子に話が進んだので、我ながら信じられなかったのですが…当日に待ち合わせ場所に行くとAがいまして、私が挨拶するとご機嫌な様子で手を握ってきました。欲求不満で不機嫌かと思ったら、「久々にセックスできると思ったら、興奮してきちゃった!」と喜んでいたのです。 なお、旦那には「急遽夜勤になった」と伝えているらしく、朝までがっつり遊べるとのこと。そんなAとホテルに入ると本当に激しくて、セックスが大好きな私でも途中でギブアップしそうでした。 Aとは今もたまに会っており、セックスと食事を楽しんでいます。看護師の仕事はまだまだ続けるらしく、「これじゃあ旦那とする暇はないかも」と、困っているのかどうか分からない苦笑を浮かべていたのです。