わたしが掲示板で出会ったのは、新婚なのに不倫している人妻でした。
その女性は、なにせまだ一度も結婚記念日を迎えたことがないというから驚きです。
不倫目的でこんな掲示板を利用しているわたしが言うのも変ですが、いくらなんでも早すぎだと思います。
わたしとしては一向にかまいませんけどね。
人妻とエッチができれば、わたしの目的は達成されるわけですから。
彼女が真剣に遊び相手を探しているなら、わたしのほうでも真剣に遊ぶだけのことです。

しかし、どうしてそんなにすぐに不倫をしているのか気になって、彼女にそのことを質問してみました。
何か深刻な事情でもあるのかと思いましたが、要は結婚して1年経たずにダンナに飽きた、それだけのことのようでした。

彼女はまだ29歳だということですが、そんなペースで結婚に飽きていたら、これから何度結婚することになるんだろうと、心配というより期待しています。
まさかわたしを再婚相手として考えたりはしないでしょうね。
おそらく彼女のような女性にそんな心配は不要だとは思いますが、わたしにとっては安心材料として、彼女は出会い系でわたしのほかにも何人かの男と連絡を取り合っているらしいのです。
実際に会っている男も複数いて、みんなキープしているということでした。

そういうことなら、なにはともあれ一安心です。
一方で、よくそんな時間があるなと感心します。
そして、その体力が恐ろしいとも思います。

そのままそんなペースで不倫していたら、それは確かに一人の男では飽きてしまうと思います。
むしろ反対に、いまのダンナと結婚した理由が気になります。
もしかしてデキ婚なのかと聞いてみましたが、彼女たち夫婦に子どもはいないということでした。
自己申告ですから、どこまでその言葉を信じていいかはわかりませんが、子どもがいれば遊んでいる暇はないでしょうから、本当に子どもはいないのでしょう。
そうすると、やはりデキ婚でないのに何で結婚したのか不思議です。
彼女なりに結婚に憧れがあったのでしょうか。

そんなことを考えるのは、こうやって冷静になっているからです。
彼女とデートしたその日はそんなことを考える余裕はありませんでした。
その日は、ホテルで人妻のセクシーなランジェリー姿を見られたので、わたしは満足しました。
彼女は足にぴったりとフィットしてラインが出るズボンを履いていたのに、パンツのラインが出ていませんでしたので、もしやと思ったとおり、やはりTバックを履いていました。
少しだけ、パンツを履いていないことも期待してはいました。
普通、Tバックなんか履いて出かければダンナからは不審がられるでしょうが、彼女の場合、その心配はなさそうです。
むしろ逆に、彼女は普通のおとなしい下着を持っていないでしょう。
ですから、出会い系で不倫する日にセクシーな下着を履くことに何らの問題もありません。