ぼくの生活に人妻との出会いがあれば、ストレスを溜めるだけの毎日に彩りを加えることができます。
これだけで生きていてよかったと思えますね。
自分の家も落ち着けませんから、出会い系で人妻と不倫していなければ、どこかで壊れてしまうと思うんですよ。
不倫が見つかったら違う意味でいろいろなものが壊れてしまいそうだ(笑)

・すべてを見透かしているような眼をした女性でした

ぼくの人生を支えてくれているのは、印象的なイタチ目をしている人妻です。
イタチ目が褒め言葉かどうかはあれですが、こちらを見透かしているような目をしているんですね。
会うたびに彼女の前では隠し事はできないだろうと感じています。
そう思わせる雰囲気を持っているんですよ。
もっとも、ぼくには彼女に知られてはまずい隠し事はありませんから、ドキドキしながらも開き直れました。
どんだけ小心者なんだって話ですが(笑)
彼女は不倫をしていますが、彼女の夫のほうは不倫も浮気も不可能だろうと思いますよ。

・背が低くてまな板なのは合法ロリでしょうか

ぼくは目の話をしましたが、彼女を見た人が最初に気づくのは、おそらくその身長でしょう。
彼女は家族の中で一番背が低いというくらい背が低いんですね。
人ごみの中に紛れるとまず見つけることはできないでしょう。
ついでに言うとまな板です。
背が低くてまな板。
それだけ見たら合法ロリと言えそうです。
熟女と不倫しようというぼくにとってはほとんど意味のない属性です。
そんなことよりも、背が低いと立ったままフェラしてもらうのが楽なのが、ぼくにとっては大事なことになりますね。

・会うたびにフェラをしてもらいます

彼女と会うたびにフェラしてもらうんですが、フェラはホテルに入ってからしてもらいます。
当たり前か。
身長差はありますが、立ったままではなくて、ぼくがベッドに大の字になってからしてもらうんですね。
そうすると、小さな彼女の体がぼくの両脚の間にすっぽりと収まります。
ただでさえ小さい体をさらに丸めてぼくの股間に顔を埋めているんですね。
やっぱり妙な罪悪感に襲われるのは、彼女が合法ロリだからだろうか。

でも、服を脱ぐと彼女は肩幅はしっかりしているんですね。
ぼくよりもたくましいかもしれないくらいなんです。
背は低いと言いましたが、ベッドに横になって彼女を見上げていると大きく見えます。
そのまま、彼女のすべてを見透かしたような目で見つめられると、彼女の空気に呑まれたようになりますね。
そのため、いつも彼女がぼくの上に乗って自分から体を動かしていたのをただ見ているだけになります。
変な感動に包まれるんですね。