人妻と出会い掲示板で不倫をしていますが、私の夫婦仲はいいんですよ。
それはちゃんとやるべきことをやっているからにほかなりません。
可能な限り、不倫相手とは平日に会うようにしていますから、嫁に私の行動が疑われたこともないんですね。
不倫相手と会った次の日の休日に嫁とデートすることも多々ありますよ。
私はこの二重生活を楽しんでいます。
誰も不幸になっていないのが大きいですね。

・人妻のダンナは銀行員 外野からは不満を持つ要素を見えないが…

掲示板で見つけた人妻と、世間話をしている間に彼女の身の上に詳しくなりましたよ。
彼女のダンナは銀行員だそうです。
こちらがダンナの職業を聞きもしないのに教えてくれましたから、本当に銀行員なんだろうと思いますね。
だったらなんで掲示板で不倫しているんだろうという話ですよね。
彼女がわざわざ不倫しないといけないのは、お金は充分であっても、夜のほうの義務をおろそかにしているから、自分の嫁を満足させていないということなんでしょうね。
常日頃、嫁から金のことで文句を言われている私からすれば、彼女のダンナは最後の一押しが足りないせいで、出会い系で不倫をすることになったんであって、金さえあればいいというものではないよ、と思いますね。
私と変わってくれたらうまくやる自信はありますよ(笑い)

・巨乳の嫁をおろそかにするダンナに不幸あれ

出会い系で会話するだけの関係から一歩進めて彼女に直接会ってみると、痩せているのに巨乳で、並みの男なら毎日でも励みそうなすばらしい女性でした。
彼女のダンナは、これを手に入れただけで満足して手を付けないようなバカな男なら、嫁に不倫されても文句はいえないと思いますね。
私はもちろん、出会い系での不倫をしていても嫁への義務をおろそかにすることはありません。
むしろ、嫁で新しいテクニックを試して不倫相手に披露することもあります。
というか、嫁への義務は、それが目的だったりしますが。

・欲求不満な彼女は激しいものをお望みに

彼女はよほど欲求不満だったんだろうなと思いますね。
ベッドの上に私を押し倒すと、私の上にまたがって、自分から腰を振るような激しいエッチでした。
ですから、せっかくのテクニックを披露するタイミングがありませんでしたよ。
私にできることは彼女の気持ちいい時間をできるだけ長くすることだけでした。
なんとか必死に我慢しましたが、腰の動きが激しくて、何度も暴発しそうになりましたよ。