1年に1度だけ会う人妻との出会いを大切にしています。
実はその人妻との出会いは、今の妻と会うよりももっと前からの付き合いになります。
出会った当初は2人ともまだ独身で、恋人関係でした。

ですが彼女の実家は裕福な家庭で、結婚は家柄で親が決めた相手と結婚する事になっていました。
最初はそんな相手から奪って駆け落ちでもしたいという気持ちもありました。
でも彼女は親の事を大事にしていて、自分とは結婚出来ない事は本当は分かっていました。

なので彼女が結婚する前にキチンと別れるつもりだったのです。
ですが別れ話をした時に大人しい彼女が号泣しながら「別れたくない」と言いました。
彼女の性格を考えると結婚をして平然と不倫が出来るような女性ではありません。

その事は自分が1番理解しているのに、号泣する彼女を突き放す事が出来ませんでした。
なので1年に1回だけ会う約束をしました。
完全に関係を終わらせてしまわないように、だけど日常生活に支障が出ないように考えての結果です。
彼女は「1年に1回なんて織姫と彦星みたいでロマンチック」と笑ってくれました。

その後彼女は親が決めた相手と結婚し、その数年後には自分自身も別の相手と結婚をしました。
自分が結婚を決めた時や彼女が妊娠をした時に、関係を終わらそうと思った事は何度もありました。
ですが結局関係を終わらす事が出来ずに1年に1度の人妻との出会いをもう10年間も続けています。

ただ若い時と違って自分達も落ち着いた大人の年齢になってきたので、1年に1回必ずセックスをするという訳ではありません。
デートだけで別れる時もあれば、ホテルに行くものの手をつないで添い寝だけで満足する時もあります。
でも1年に1度会えるという気持ちが、彼女と会う時に恥ずかしくない自分でいたいから頑張ろうという気持ちにさせてくれます。
また妻の事を1番ではないけれど、自分と結婚した事を後悔させないように家族として大事にしているつもりです。

彼女も自分もそれぞれ別の相手と結婚をしましたが、1番大切な相手という位置づけは恋人関係の頃とずっと変わらないと思います。
最近ではもしもっと年老いて、お互いの伴侶が亡くなったとしたらその時には再婚をしようと話しています。
その時にはもう彼女を縛る両親もいないでしょうし、誰も家柄なんて気にするような時代でもありませんよね。

そんな幸せな老後を想像しながら、1年に1回会う関係を今は楽しんでいます。