熟女出会い掲示板で出会った熟女は近所のスーパーのパートのオバちゃんだった。それを知ったのは実際に出会ってから。『あれ?○○ストア(近所のスーパー)のレジうちのオバちゃんだよね?』私は熟女に思わず尋ねていた。いや返事など聞かなくても分る。ずっと抱きたいと思っていたのだから。

 

『ばれちゃったね。皆には内緒だよ』と微笑む熟女。あ、可愛い・・・

 

私は自分の祖母の面影を思い出した

 

私が5つの時に他界した祖母だ

 

私が熟女に惹かれるのは大好きだった祖母の面影を追っているからかもしれない。

 

熟女と出会いセックスをするようになり好みの熟女が祖母にそっくりな熟女ばかりだと気がついたのは最近のことだ。

 

顔が似ているというわけではなく、雰囲気だ

 

優しいおばあちゃんって感じの50代~60代の熟女と出会ってはセックスを繰り返している。

 

スーパーのレジ打ち熟女とももちろんセックスをした。

 

あそこをビショビショに濡らしながら

『ほら、私のマ○コが貴方のチ○コを欲しがってる』

 

そんな卑猥なことを卑猥な格好で言ってくる

 

私の中で何かが切れた。理性という名の緊張の糸だったのか羞恥心という恥じらいの糸なのかは分らない。

 

本能のまま私は熟女の身体を求めた。抱いた。彼女の中で逝った・・・

 

熟女出会いというのは人それぞれの理想があり、熟女の数だけセックスがある。私の場合は熟女との出会いに祖母の面影を重ねていたが、貴方は何を求めて熟女と出会っているのだろうか。