先日、少々お年を召された人妻と出会いました。 女性の年齢を気にしない質だから、事前に確認していなかったんですね。 ですから、初めてその女性と対面したときに、あ、と驚いたんです。 でも、熟女には熟女のよさがあるので、結局は楽しませてもらいましたよ。

・熟女特有の色気のある体

その人妻との最初の出会いということで、どんな女性が来るのか楽しみでした。 彼女は熟女ならではのむっちりした体をしていました。 服を着ていても隠せない色気がありましたね。 セックスの相手にはむっちりしている女性がいいですね。 半袖で半分隠れていましたが、二の腕もむっちりしていましたよ。 彼女の二の腕は太いけれども垂れていませんでした。 ひどい人のはヒダみたいに垂れているものですけど、彼女はそんなことはありませんでした。

・不倫のために鍛えた体

彼女がその日は急いで帰らないいけない事情があるというので、出会ったばかりですが、すぐにラブホに行くことになりました。 ラブホに入ると、シャワーを浴びてバスローブだけを身にまとった姿で出てきました。 そのバスローブを彼女が自分から脱ぎ捨てました。 お腹だけが醜く膨らんでいることもなく、同年代の女性に比べるとはるかに美しい体をしていましたよ。 抱きしめて「きれいだ」と彼女の耳元で囁くと、某女性だけのフィットネスの会員だと教えてくれました。 「出会い系で不倫しているから、男性には醜い体を見せられない」と笑っていましたね。 不倫という目的はあれかもしれませんけど、常に自分磨きに励む人妻はスバラシイなと思いましたね。

・むっちりした体を後ろから抱きしめる

鼻の下とおチンチンが伸びる体を目の前にしたら、いつもよりがんばろうと気合が入りました。 といっても、気持ちに持久力が付いてくるわけではないのが悲しいところです(泣) 彼女に正面から抱き着いて、口づけしながら後ろに回りました。 後ろからまわして腕を下げて行って、彼女自身をやさしく愛撫してあげました。 濡れてきたので、ベッドにうつ伏せに寝てもらって、そのまま僕が上に乗りました。 やわらかい背中を感じながらピストン運動をしましたよ。 僕が果ててから彼女の髪の毛に顔を埋めました。 彼女のほうはもう少しという感じだったので、彼女には僕の指で気持ちよくなってもらいました。 時間が許せばもう一度と言わずしたかったんですが、この日は彼女に都合がありました。 ですから、また今度ゆっくり会うことにしました。