私は結婚して1年で、まだ子供もいません。
旦那は2歳年上のプログラマーをしています。

友人の紹介で知り合い誠実そうな人柄に惹かれ3年の交際後結婚をしました。
でも私は交際している時から一つ不安があったんです。
それは旦那のセックスが下手すぎる事。

あまり女性経験がなかったみたいで、テクニックも未熟でそのうえオチンチンも小さいんです。
それでもう私は20代後半でもう少しで30歳、夫からプロポーズされた時に結婚を決めました。

結婚して1年目は週3回くらいセックスしていましたが、夫のテクニックは上達せず相変わらず下手くそなまんまです。夫は自分がイッてしまうと私がイッてなかろうとそれで辞めてしまうんです。

2回目、3回目というのは私の旦那はありません。

結婚2年目には回数も減り週に1回、相変わらずのセックスをしていました。
さすがに私も毎回満足出来ない夫とのセックスのせいで慢性的な要求不満になり、出会い系サイトに登録して相手を見つけるようになりました。

私の好みはちょっとオラオラ系のマッチョな男性。
出来れば日焼けしてるともっと完璧。
残念な事に夫とは全くの真逆なんですよね( ノД`)

私の好み人を出会い系で探し物色して、不満を解消する事にしました。

1つ年上の独身鳶職人の方にお会いする事になり、とても私好みのオラオラマッチョ系で出会った瞬間から興奮しすぎて私濡れちゃってたの。

待ち合わせ場所にいくと鳶職人の男性は車で来ていたのでそのまま助手席に乗り込みました。

鳶職人「何処か行きたい?このままホテルでいいよね?」

私「どっちでも大丈夫です」と言うと、街外れのラブホに連れて行かれてしまいました。

部屋に入るとすぐに彼は服を脱ぎだして、彼はソファーに腰掛けている私の横に座るとすぐにキスをしてきました。
慢性的な要求不満の私はすぐに受け入れ、舌を絡ませながら彼に身体をあげるとそのまま押し倒され、キスをしながら彼は私のワンピースのキャミのひもをずらしてブラの上から荒々しく揉んできます。

その揉み方とてもイヤらしくて、私は興奮しちゃってもう理性を押さえられず私も彼のズボンのベルトを外し、パンツの上から彼のあそこをいじりました。

彼はちょっとびっくりした様子でしたが、すぐに私のおっぱいを下から持ち上げるように揉んできます。

彼のペニスはとてもズル剥けていて、色は赤黒くて使い込んでるペニスでした。

それに今まで見たことがないくらい凄く太いんです。

私は我慢が出来なくなり、すぐに彼のオチンチンを咥えてしまいました。

久しぶりにこんなに立派なペニスをしゃぶれたのが嬉しくて、私は大きな口を開けてとにかく夢中で頭を前後に振りながらしゃぶりまくりました。

すると彼は私の口からペニスを引き抜き、私に下を全部脱ぐようにと言ってきました。

そして私を全裸で立たせソファーに両手を付くように指示をされ

鳶職人「ほら!もっとケツ出せ!」

私「あぁん!ちょっとまってよおぉお」

すぐに私は言われたとおりにお尻を出すと彼はペニスをアソコの入り口を当ててきたと思ったらゆっくりと生のまま挿入してきました。

あぁ、やっぱり凄くおっきいい

ペニスを入れられた瞬間、アソコの奥まで広げられてるのが分かるんです。

そのまま彼は私のお尻を抱え込みながら、出し入れしてきました。

彼は容赦なく「バンバンバンバンバン」と音がなるくらい激しく突いてきました。

私「あぁぁぁあああだめぇぇぇぇえええもういっちゃうよおお」
と喘ぎ狂いながらイッてしまいました。

私「もうお願い許して!ねえ?お願い…またイッちゃうよお」
あまりにも激しく私のあそこをペニスで擦るもんだから、続けてイキそうになってしまいそうなんです。

鳶職人「じゃぁ俺もそろそろイクぞ」
と彼は私の腰を抱えながら持ち上げると、私はソファーに手を付いた状態で床から浮いるような状態で激しく突かれました。

さっきまでと違うところにペニスが当たるようになり、

私「あぁー!そこだめえぇぇぇあぁー!イッちゃうよおお」

鳶職人「俺もイクぞ!ほらあ口開けろお!」

私は彼がペニスを抜いた瞬間イッてしまい、彼は引き抜いたオチンオチンを私の口の中に押し込み大量の精液が私のお口の中に放出されました。

その後も私は彼とセックスがしたくて、毎日のように会ってしまっています。