会社の熟女と浮気相手になった話01

31歳独身です。

一緒の職場で働いている美佐子は40歳で、小学生の子供が一人いる人妻です。

美佐子が仕事でのモヤモヤがあるので、飲みに行き話を聞いてあげることになった。

 

食事をして、Barに移る頃には仕事の話も終わり、プライベートの話になっていた。

だんだんと話がエッチな方に行き、彼氏が欲しいなどと言っていた。

旦那とは10年ほどエッチはしてなく、美佐子自体もあまりエッチが好きではなく10年ほどしていないらしい。

 

Barを出て、海の見える公園に行く時、二人は自然と手を繋いでいた。

公園に着き海を見ながら話していると、一瞬会話が途切れお互い見つめ合い目を閉じてキスをした。

俺は両手を美佐子の腰に回し、美佐子もまた首に手を回してきた。

最初はフレンチキスだったが唇を軽く噛み舌を入れるまでに、さほど時間は掛からなかった。

 

唇を顎から首に移動し、キスをすると美佐子は小声で「アンッ」と言った。

首から耳たぶに移動しキスをして耳元で「二人きりになれる所行きましょうよ?」

とつぶやくと、小さく頷いた。

美佐子が俺との関係を承諾し初めての浮気をし旦那を裏切ると覚悟した瞬間である。

 

ホテルの予約をした。

公園からホテルに向かう時、美佐子は腕を組んでいた。

ホテルにチェックインして、部屋に入ると窓から港の夜景が広がっている。

美佐子がその夜景に見入っている所に後ろから抱きつき耳元にキスをした。

両手をお腹から胸に持っていき、お気に入りの丈が短めのワンピースの上から胸を揉んだ。

 

体をこちらに向け、激しくキスをした。

美佐子も公園でのキスには遠慮があったがここでは10年分の欲求を爆発させているのか、かなり激しく舌を絡めてくる。

俺は両手をやわらかいお尻に移動して揉んだ。

スカートを捲り上げ網タイツとパンツを膝まで下ろし、生のお尻の感触を楽しんだ。

ワンピースの後ろのチャックを下ろして、肩から紐を外し、パサッとワンピースが床に落ちた。

美佐子も俺のシャツを脱がしてくれた。

 

ブラを片手で外し、もう片方の手で美佐子の太ももの付け根を撫でた。

まだ触っていないが、美佐子のオマンコの温度か肌に伝わり、太ももまで愛液が垂れてきていた。

膝まで下ろしたパンツと網タイツをすべて下ろし、美佐子は結婚して初めて旦那以外の男の前で裸になった。

俺もズボンを脱ぎ裸になり、二人は窓際で全裸のまま抱き合う。

美佐子の体をもう一度窓側に向け、片足を上げて23階だから見えないと思うが、大衆の前で美佐子の体を披露した。

美佐子は40歳とは思えぬほどスタイルが良く、真っ白な体をしている。

本当に俺好みのエロい体をしている。

美佐子の手を窓に付かせ、足を半開きにしてオマンコを触るともう洪水状態である。

 

舌を背中に這わせながら、クリトリスをいじると美佐子はたまらず「アン、アン」と声を出す。

 

舌を徐々に下に移動させていくと、美佐子が「シャワー浴びさせて!」と言った。

 

二人で一緒に入りたいが今回がはじめてなので、美佐子一人でバスルームに行かせた。

待ってる間俺はこれから始まる事で頭が一杯で股間に血液が集中しているのがわかる。

20分ほどして、バスタオルを巻いて、美佐子が部屋に戻った。

それと入れ替わりで俺がバスルームに行き、シャワーを浴びた。

 

部屋に戻るとバスタオルを巻いている美佐子がソファに座りテレビをみている。

俺は美佐子の手を取りベッドへ向かった。

ベッドに横になりバスタオルを外しまじまじと美佐子の体を見たらやはり綺麗だ。

美佐子は「電気消して」と言うが「暗くしたら綺麗な体が見れないからこのままでいいじゃないですか、恥ずかしかったら目をつぶっていればいいですよ。」

「もう、恥ずかしいよぉ」と超かわいい!

Part2へ続く・・・