真面目な男性というのは、友人や結婚相手にはピッタリですよね?女性は悪い男に惹かれやすいものの、将来のことを考えるしたたかさもありますので、「不良タイプって付き合うならいいけど、結婚するなら真面目な人がいい」なんて意見は、一度は耳にするでしょう。

そのため、真面目な男性はそのままでいい…と言いたいところですが、もしも『出会い系で人妻を落としてセフレにする場合』だと、真面目なだけではいけません。こういう女性たちと遊ぶなら、『ちょいワル』を目指すといいでしょう。

というのも、出会い系にいる人妻は『本当はエッチなことに興味があるけど、口では拒否することが多い』という特徴がありますので、真面目な男性だと「断られたし、しつこいのはダメだよな」とすぐに引き下がってしまい、セックスにありつけないのです。

また、人妻たちも「相手が真面目だと本気になっちゃうかもしれないし、軽いノリで遊べる人のほうがいいな」と考えていますので、普段は真面目な男性も、出会い系ではちょいワルくらいでちょうどいいのですね。

私も普段は真面目ってほどでもありませんが、少なくともチャラ男ではありませんので、女性と遊ぶときだけは意図的に羽目を外しています。まあ外しすぎはダメなので、ちょいワルになるのも少し時間がかかるかもしれませんが、慣れると楽しいですよ。

たとえば、今も遊んでいるセフレのA(仮名)とも、ちょいワルな感じで接したら仲良くなれました。最初のうちは当たり障りのない感じで仲良くなり、徐々に砕けた態度になってきたら、エッチな話題も積極的に出すようにします。

するとAも「やだぁ、冗談ばっかり…」と言いましたが、私は「いやいや、冗談じゃなくて本気ですって!Aさんを見てると、正直やばいです」なんて言っていたら、Aも「本当に遊ぶだけだよ?」なんて言いつつ、私とデートをしてくれました。

もちろんデートだけで終わるわけもなく、Aも私と遊んでいたらしたくなってきたのか、ついにセックスも了承してくれたのです。ラブホテルに入る前は緊張していましたが、旦那とはこういう場所では遊んでいないのか、入ってみると楽しそうに見て回っていました。

そんなAを抱き寄せてキスをすると、あとは男と女らしく、本能のまま体を重ね合いました。セックスのときもちょいワルらしく淫語とか使ってみたら、恥じらいながらも締めてくるAが可愛かったですよ。

ちょいワルと真面目を使い分けられるようになってこそ、楽しい人生が過ごせるかもしれません。