ちょっと前に、出会い系で21歳の人妻の書き込みを発見しました。
最初「21歳」という数字が何かの見間違いかと思って二度見してしまいましたよ。
しかし何度見ても21と書いてありました。
21歳の人妻というだけでも珍しいのに、出会い系で不倫相手を探しているとなればもっと珍しいでしょう、知らんけど。
とりあえず、無視されたところで失うものはないので連絡してみました。
返事を待つこと1時間。
コーヒーを沸かして飲み終わるくらいの時間が経ったでしょうか。
返事が来ていないかを確認したら、彼女からの返信がありました!!
なにはともあれ、彼女の年齢が書き間違いでないことを確かめたい一心でした。
いま思えば、いきなり年齢を聞き出すのはかなりキモイ行動でした。
うまくいったからよかったものの、今後は気を付けたほうがいいでしょうね。
その人妻は嫌な顔をせずに(見えないけど)正直に21歳で正しいと答えてくれました。

彼女が21歳ということは結婚して何年も経っていないのに不倫しているのは、デキ婚か、単に勢いで結婚しちゃったかのどちらかだと思いました。
ダンナが毎日仕事で忙しくて相手をしてくれないのかもしれない。
それで出会い系で話し相手を探しているとしたら気の毒でしたね。

話を聞いてみたら、ダンナが浮気をして、わたしのことを相手してくれないから寂しくて、誰でもいいから相手してほしかったということでした。
ぼくの予想よりも意外と深刻な(?)理由でした。
ぼくにとっては、貴重な若妻との出会いとエッチを堪能できて幸せでしたからいいんです。

彼女と実際に対面したときに、こんなにかわいい奥さんもらっておきながらひどいダンナだねと言うと、ダンナはわたしの胸が小さいことが不満だということでした。
確かに、彼女の胸は大きくはありませんでしたが、それだけのことで浮気に走るなんて、やっぱりひどいダンナだと思いますね。
ですが、ぼくが心配するのはここまでです。
ぼくは、出会い系で不倫を楽しむ秘訣は相手に深入りしないことだと思っています。
人妻に深入りして余計な事情を抱え込んでもろくなことはありません。
貴重な若妻とのエッチを楽しんでしまえばぼくに思い残すことはありません。
彼女が今後もぼくで寂しさをまぎらせるならよし、ほかの男に走るならそれもよし、です。
とりあえずは、21歳の若妻とはエッチできました。
これ以上何を望みますか?

ごめんなさい、カッコつけすぎました。
実は、最近嫁の目が厳しくて、遊んでいる時間がないんですよ。