客室清掃のバイトで熟女に童貞ささげた話

年末年始に都内ホテルで客室清掃のバイトをしていた時セックスさせてもらいました。

最初の契約では昼間だけのバイトだったが、忙しく人手も足りなかったのか、一週間経って仕事に慣れ始めた時に夜も通しで働かないかという話を持ち掛けられたが、年末年始に金が無くて探したバイトだったので、即決でOKして働いたのだが朝9時から夜23時まで休日無し働くと疲れと面倒臭さから帰りたくなくなり一週間でホテル従業員用の仮眠室に潜り込んで寝泊りするようになっていた。

流石に溜まって朝立ちしても仮眠室やトイレではオナニーできないので我慢していたが、客室でベッドが血で汚れていたりパンティが放置されているのを見て我慢できず、そのパンティをオカズにして客室の風呂場でオナニーを始めてしまった。

溜まっているのですぐにイクと思ったが場所が場所だけに緊張してなかなか出ず。

すると、いっしょのフロアを担当しているオバちゃんが部屋に入って来てしまい入口すぐ近くにあるガラス張りの浴室だったので、オナニーしている姿を完全に見られた。

「あんた何やってんの!?遅いから心配して見にきたのに!

オバちゃんは45歳ぐらいの熟女。

小柄で丸っこい感じで、少々訛りがあった。

片手にパンティを握っていたので、ズボンの中にチンコをしまえずに立っていると、「アタシが手伝ってやるから、さっさと抜いちゃいな」と寄ってきて手コキを始めた。

思わぬ展開でチンコはすぐに勃起して、オナニーしていた時より硬くなったのだが、当時まだ童貞で風俗すらいっていなかった俺には女性の手コキは強烈すぎて出ない。

「アンタまだイカないの?早すぎるのも嫌われるけど、遅すぎるのもダメよ!」と言い片手でタマを揉みながら亀頭の部分をクリクリと虐めるようにこいてくる。

「す、すいません。女性に触られるの初めてなもんで、緊張しちゃって」と言い訳する。

「見ればわかるよ皮もちょっと被っちゃってるもんね、童貞なの?」

「は、はい」

「じゃあ、病気の心配もないねそれじゃあ特別サービス♪」とオバちゃんはイクのが遅い俺のチンコを「パクッ」と咥えてフェラをしてくれた。

柔らかくて温かい口に吸い込まれ、舌を敏感な亀頭に絡まされると、すぐに射精。

口の中に射精されたオバちゃんは俺の精液を飲み込んで「濃くて臭いよアンタの精液」

「ありがとうございました」と御礼を言うと「5千円でいいよ」と手を出された。

「マジかよ!?」と思ったが仕事中のオナニーと客のパンティをおかずにしていた弱みもあったのですぐに払うと、「今度溜まった時は、5千円で抜いてあげるから。あと1万で筆下ろしもしてあげる。」

結局、バイト期間中にそのオバちゃんで童貞を卒業させてもらいました。

朝一で交渉して仕事のペースをいつもより早くし、担当フロアの最後の部屋に集合。

時間がないのですぐにお互い真っ裸になると、オバちゃんがフェラに俺もクンニで69。

汗臭かったけど、嫌な匂いはしなかったのでペロペロ出来た。

でも、オバちゃんのフェラ技ですぐに射精しそうになったので早くに入れたくなって、「お願いします」と体制をを正常位に入れかえてオバちゃんの中に一気に入れた。

口よりも柔らかくて熱くてチンコに肉がギューっと絡み付いてきて中出しで終了。

巨乳だったし、訛っている喘ぎ声も何故か可愛かったので良かった。

また1万でヤラしてもらおうと思いました。